BLOG

ファクタリングの手数料

2018/10/09
ロゴ

ファクタリングの手数料

 

 

お客様がファクタリングをご利用される際に一番気になるのはやはり手数料の点だと思います。

 

100万円の売掛金があるからといって、100万円の資金調達ができるのではなく、100万円の売掛金から手数料を支払い、さらにそのほかの着手金や、事務手続き費用などの諸費用を差し引いた残りが資金調達できる金額です。

 

諸費用には10万円~20万円程度かかりますが、利用するファクタリング会社によって大きく異なるポイントでもあります。

 

弊社七福神では諸費用は一切いただいておりません。手数料のみで資金調達が可能です。

 

融資業者は、契約者の信用情報などによる「返済ができるか」というのがポイントになります。ファクタリング業者は、企業事業主と取引先の信用力による「売掛金が回収できるか」がポイントになります。

 

過去に何度かファクタリングの実績がある取引先であれば「売掛金の支払いの可能性が非常に高い」と判断できます。最も重要になるのは、「売掛金を回収できる」ことです。

 

 お客様に資金支払いだけを行って売掛金が回収できなければ、事業性資金のみが対象となっているファクタリング会社にとっては大きな損失になります。

 

なぜ初めてのファクタリングで手数料が高いのか、それは売掛先が売掛金を支払うかどうかの信頼実績がないから。一番の理由はここにあります。

 

初めてのファクタリングでも、手数料を抑えて資金調達ができる可能性があるとすれば、必要書類の用意です。

 

取引先との基本契約書や、実際の取引を明確にする入金のための通帳など、「取引先が信頼される材料」を十分に用意しましょう。

 

「取引先が売掛金を支払うかどうか」それが手数料を決める最大の焦点でもあります。そうなると、その可能性が高い取引先といえばどうでしょうか?

 

● 取引先が大手である

 

● 取引先が国や保健事業関連である

 

売掛金の支払いができないとは世間一般的に考えてもありえない、そういわれる取引先もあります。当然審査は行われますが、審査・調査が行われれば行われるだけ有利になることもあるでしょう。

 

もちろん、上場企業などの大手であっても長い付き合いであること、毎月の入金実績が目に見えていることなど重要なポイントはあります。

 

また、大手企業以上に、国や保健事業関連が取引先になるとさらに有利になります。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、実は福祉関連専門や、医療関連専門のファクタリング会社もあります。

 

高齢者社会となっていることもあり福祉事業は今、国を挙げて確保していかなければならない事業でもあります。

 

回収のリスクはファクタリング会社にとっても大きく下げることができるでしょう。

 

担保や保証人を取らないファクタリングでは、「信用」がなにより大事になってきます。

 

弊社七福神も、ご利用してくださるお客様との信頼関係を築いていけるよう努めております。

 

また、ファクタリングだけではなく、会社の資金繰りや他の金融機関のご相談など、どんな事でもお気軽にご相談下さい。

 

七福神は日本全国対応です。常にお客様の立場になり親身にご相談に乗ります。皆様からのご連絡お待ちしてます!