BLOG

公的融資制度を使って資金調達しましょう

2018/10/09
ロゴ

公的融資制度を使って資金調達しましょう

 

 

起業や事業拡大に当たって必要な資金を用意する方法はたくさんありますが、その中でも比較的ハードルが低いのが「公的融資制度」です。公的融資制度とは政府や自治体などの公的機関が行う融資のことです。

 

民間の金融機関よりも比較的審査が通りやすいので、資金調達がしにくい中小企業の経営者様には重要な資金調達方法です。

 

公的融資としてあげられるのは、日本政策金融公庫による融資。

民間の金融機関からの融資が受けにくい中小企業や、これから起業をする人への融資を行い支援をする機関です。

とりわけ、創業資金への融資は積極的と言われています。

 

公的融資制度は大きく分けて日本政策金融公庫・信用保証協会・商工会議所の3つで成りたっています。

 

また、商工会議所に加入されている場合は商工会議所の紹介によって融資を申し込む事も出来ます。

担保・保証人等の必要がなく利用できる、通称「マル経融資」は経営者様にとっては強い味方です。

 

商工会議所の他にも、全国信用保証協会連合会を利用する事もできます。

信用保証協会の保証によって政府系・あるいは民間の金融機関から融資を受けるというものです。

一定の保証料を払う必要がありますが、他で融資を受けられない経営者様にとっては貴重な選択肢の一つだと思います。

こちらの融資も基本、担保・保証人等は不要で利用する事が可能です。

 

どの融資制度にもそれぞれ違ったメリットがありますので、自身にとって最適なものを選択することが重要になります。

 

公的融資制度は起業家・個人事業主、中小企業経営者の強い味方ですが、公的融資制度の審査は通常1カ月程度の時間がかかってしまいます。

 

公的融資制度の審査や手続きが間に合わない方は、まずビジネスローンに申し込まれた方が良いでしょう。

 

ビジネスローンはネット申込で今すぐ審査してもらうことができ、審査も甘いですし来店などの手間がありません。

 

500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができます。

 

また起業後、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生する「BtoBの事業」に取り組まれた方については、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)との併用がオススメです。

 

七福神では売掛金があれば、最短1日で即日で資金調達をすることができます。

 

資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に申し込みして下さい。

 

ですが、ここで一つ注意してもらいたいのがファクタリング会社に何社も同じタイミングで申し込みするのはお勧めしません。

 

複数の会社に申し込みして条件を比べたい気持ちは分かりますが、申し込みが発覚すると、それが原因で断られるケースもあります。

 

ですのでファクタリング会社とビジネスローンの会社1社ずつにしておきましょう。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

 

七福神には提携している税理士事務所もありますし、優秀な財務担当者も在籍しておりますので、日本政策金融公庫などによる公的融資に関して的確なアドバイスができます。

 

そしてファクタリングに関しても他社よりお安い手数料で売掛金を買い取らせてもらうことをお約束させて頂きますので、七福神スタッフ一同ご連絡お待ちしております。