BLOG

ファクタリングに節税効果?

2018/10/17
ロゴ

ファクタリングに節税効果?

 

 

ファクタリングは手元資金が足りなくなった企業が、銀行などの融資の審査が通らなかったり、急に資金が必要になり審査に時間をかけてられないなどの理由で即日で資金を都合する資金調達の手段です。

 

2社間ファクタリングだと売掛先に知られないで取引ができるメリットがあり、高い手数料を支払うデメリットもあるのですが、ファクタリングには節税効果や売掛金の回収リスクなど様々な効果もあり、資金を調達する以外にも利用するメリットがあります。

 

上場企業などは株式市場から資金を調達することは比較的簡単に出来ますが、中小企業は必ずしもそうではありません。

 

銀行からの融資の審査が通れば苦労することはないのですが、信用の低い企業に対しては、なかなか融資の審査がおりません。

 

なので手元資金を増やしておこうというのが中小企業では基本だと思います。会社が黒字か赤字ということと、手元資金が豊富かどうかはそこまで関係ないです。

 

変な話、会社が大赤字でも銀行が融資してくれたり、投資家が投資してくれれば会社は潰れることはありません。反対に黒字であっても売掛金の資金化に時間がかかれば手元資金が尽きて会社は倒産します。

 

これを黒字倒産といいます。

 

赤字の会社は納税額も少ないので税金も安いですが、黒字の会社は手元資金が少なくても税金を支払いしなくてはいけないので現金が手元に残りません。

 

このような場合、中小企業の財務戦略は2つあります。

 

1つは銀行融資に支障がでない程度に黒字や赤字の幅を減らして資金の流出を防ぐ。もう1つは売掛金をすぐ資金化してキャッシュフローの流れを良くすることです。

 

このような財務戦略を行うと効果的な手法がファクタリングになります。

 

ファクタリングには納税額を減らすことができる節税効果、賃借対照表のスリム化して融資を受けやすくする効果、売掛金の債権回収の手間リスクを回避する有効な手段の一つです。

 

ファクタリングは節税しながら手元資金を増やす効果があります。

 

通常、銀行から融資を受ける場合は毎月返済ごとに利息を返していきますので、利息を、今年、来年、再来年と損金に算入することになりますが、ファクタリンは売掛金を売却した時に一括で手数料を損金とすることが出来ますので黒字を潰せます。 

 

同じ資金調達でも黒字になっていて、節税のために利益を少しでも抑えたく、一括で手数料を損金算入したいならファクタリングは効果的です。

 

節税以外にも賃借対照表の見栄えを良くして、銀行からの事業融資を受けやすくする効果もあります。

 

売掛金の金額が大きい会社の賃借対照表の場合、銀行側の視点で見れば不良債権が含まれている可能性を懸念され、融資をしても現金が尽きて回収不能になるかもしれないと考えます。

 

このようなリスクを考えると銀行は融資をするのを躊躇してしますが、こんなときにファクタリングは有効な手段です。

 

ファクタリングで売掛金が現金化されますので、賃借対照表から売掛金が減って、現金が増えて財務バランスが良くなるので、銀行側は融資に前向きになります。

 

債権などリスクがある資産を除外する方法をオフバランス化といいまして、賃借対照表の見せ方を良くするベーシックな方法の一つです。

 

会社が倒産するのは手元の現金がなくなり支払いなどが出来なくなったときです。手元資金を増やして、支払いが出来なくなるリスクを回避するのが中小企業の財務戦略です。

 

会社の黒字か赤字に関係なく、手元の資金があるかないで、黒字の企業でも倒産するかしないか影響してきます。

 

ファクタリングは節税、オフバランス化、回収リスク、様々な効果がありますが、手数料が融資に比べると高いリスクもあります。

 

それにファクタリングはネガティブなイメージがありますので、売掛金をファクタリングしたことが売掛先に知られれば今後の取引に支障がでることが懸念されます。

 

このようにファクタリングには資金調達以外のメリットも多数ありますが、活用するのであれば、リスクとコストが見合うか冷静に判断した上でご利用して下さい。

 

ファクタリングを利用することによって会社の節税には繋がりますので上手にご利用をしてもらえればと思います。