BLOG

事業者ローンでノンバンクをお勧めする理由

2018/10/23
ロゴ

個人事業主の方が一番最初に悩むのはお金の問題ではないでしょうか?

 

株式会社や有限会社に比べると信用も薄くなってしまうのが個人事業主の方の辛いところではないでしょうか。

 

個人事業主といっても借り入れを最初にしている人も多いでしょうし、そこからの運転資金が必要になりますのでお金の問題はどうしても付きまとってきます。

 

お金の問題でどういうことが起こりやすいかというと、融資が受けずらい、クレジトカードの審査が通りずらい、仕入れ時、前払いもしくは、商品到着後すぐの現金入金を依頼されるなどの問題です。

 

商売が大きくなれば、仕入れなども増やさなきゃならなくなります。

 

そうすれば当然現金も必要になってきます。

 

すぐに現金化できる飲食店のような商売ならいいのですが、在庫を持ちながら販売する形態の場合だと、売り上げは黒字なんですがキャッシュフローが回らなくなる事態に陥ることがあります。

 

商品を卸している場合、末締めの翌月末払いだったり、現金を回収できるのが60日後だったり、売掛上は好調なんだけど手元にお金がない状態になります。一番最初に考えるのが銀行やノンバンクの運転資金の事業融資です。

 

ただ個人事業主だと運転資金の融資は非常に審査が通りずらいのです。

 

個人事業主の場合だと、銀行、ノンバンクどちらがいいのかということになりますが、銀行の場合、審査の面で問題が生じてくると思いますし、審査が通らないことも十分考えられます。

 

そういう審査の面だとかスピードで考えると、ノンバンクの事業者ローンが個人事業主の方には適してるかと考えられます。

 

クレジットカードも個人事業主だと審査が落ちてしまう可能性が高いので、個人事業主になる前に、会社勤めをされてるときに作っておいたほうがいいでしょう。

 

どこの事業者ローンを利用するか?についても少し説明させてもらいますが、今までは銀行に相談して事業者ローンを組むことが多かったのですが、最近は銀行だけでなく消費者金融も事業者ローンを展開しています。

 

いろいろな選択肢の中からローンを組む会社を選んで契約すればいいので実に便利になってきています。

 

それと事業者ローンは総量規制に引っかかるんじゃないの?と質問されましたが、事業者ローンは総量規制の対象でありません。

 

事業者ローンも今多くの会社が返済方法を一定額支払うスライド式リボルビング払いを採用しています。

 

今までは消費者金融などでは事業者は融資を受けることができませんでしたが、今は消費者金融やカードーローンも事業者ローンにも力を入れています。

 

小口でいいなら消費者金融やカードローンでも私は十分かと思います。

 

このように事業者ローンでも様々なので、自分に合った最適なローン会社を利用するようにしましょう。

 

私個人的にはオリックスVIPローンカードビジネス、ビジネスパートナー、ビジネクストなどがお勧めです。

 

ちなみにこれらの事業者ローンは事業性融資になりますので総量規制の対象外にもなっています。

 

法人でない個人事業主の方はある条件を満たすことによって総量規制の対象外となります。

 

条件は3つありまして、資金の使い道が事業資金である、確定申告及び事業計画、収支計画、資金計画の提出がある、事業計画、収支計画及び資金計画に照らして、返済計画を超えない範囲での借り入れであると認められる、この3つの条件が全て満たすことによって総量規制の対象外になるのです。

 

ただ個人事業主の方のみで、株式会社や有限会社などの法人の代表者の方は違いますので注意して下さい。

 

以前から七福神ではブログで事業者ローンは銀行かノンバンクではノンバンクをお勧めしています。

 

銀行の審査はやはりかなりの時間がかかってしまいます。一ヶ月かかることもざらにあります。

 

一ヶ月後に希望の借入額の半額だけしか借りれない審査結果になったり、全く借りれないでお断りされしまう結果も当然あります。

 

ですので七福神でお勧めしているのはノンバンクでの事業者ローンなのです。

 

ノンバンクの比較サイトもネットで検索すれば出てきますので参考になると思いますし、七福神まで直接ご連絡もらいましてもご相談に乗れますのでお問い合わせもらえればと思います。