BLOG

ファクタリングをわかりやすく簡単に

2018/10/24
ロゴ

今までもこのブログでファクタリングの大まかな説明や、細部についての解説をしてきました。

 

今回は今までの説明を踏まえポイントごとにわかりやすく簡単にまとめてみました。

 

さらに、ファクタリングを良くご利用される建設企業の為の助成制度の紹介になります。

 

 

ファクタリングとは?

 

ファクタリング会社が企業から、売掛債権を買い取り、そして、企業に売掛債権の代金を現金で支払い、代金を受け取った企業は、代金を資金繰りに役立てると言う、資金調達方法です。

 

 

どのような会社にファクタリング会社のニーズがあるのか?

 

まず、前提に売掛債権が発生する事業であり、また、実際に売掛債権を保有している状態にある企業と言うのが条件です。

 

販売先や取引先の信用度に不安があるものの売り上げを拡大したい会社や、売掛債権の回収までの期間が長い業種や、販売先が多い為、1社1社の与信管理が十分にできず、代金回収にかかる手間が大きな負担となっている会社などは、ファクタリング会社利用の大きなメリットになるでしょう。

 

また、建設企業、資材業者には、「下請け債権保全支援事業」というサービスがあります。

 

 

下請け債権保全支援事業とは?

 

下請け建設企業や資材業者の経営・雇用の安定、元請け建設企業が倒産した場合の連鎖倒産防止等を図る目的として国土交通省が創設した国の助成制度です。

 

下請け建設企業、資材業者が元請け建設企業に対して保有する工事請負代金等の債権をファクタリング会社が保証する際、ファクタリング会社に支払う保証料に国の助成金が支給される為、保証料の負担が軽減されます。

 

 

ファクタリングのメリット

 

・資金を簡単にファクタリング会社から、調達出来るというメリットがあります。

 

・売掛先の貸し倒れリスクを回避できる。

 

・秘密厳守で利用できる。

 

・建設業者、資材業者は国の助成が受けられる。

 

 

ファクタリングのデメリット

 

・債権内容や売掛先の信用度によって手数料が発生する。

 

・利用できるファクタリング会社が少ない。

 

 

手数料の詳細について

 

2社間取引の場合と3社間取引の場合とで、手数料が変わってきます。2社間取引での手数料は、代金の10%~30%、3社間取引での手数料わ、1%~5%になっており、現在の相場は、大体この様になっています。

 

最後に

ファクタリング会社を利用しての資金調達は、お客様にとって大変便利なシステムだという事が、解ると思います。

 

何が便利だと言いますと、まだ現金の回収ができていない売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい、そしてお客様はファクタリング会社から、資金を調達できる。と、言う利点は大変魅力的なシステムだと思います。

 

後日またファクタリングのメリットやデメリットにつきましても詳しく書かせて頂きますので近々アップいたします。