BLOG

売掛金回収が確実にできる「ファクタリングとは」?

2019/01/15
ロゴ

売掛金回収が確実にできる「ファクタリングとは」?

 

「ファクタリング」とは、売掛金回収を自社に代わって行なってくれるサービスのことです。ファクタリング会社に依頼をすると、煩わしい売掛金の回収を代理で行なってもらえます。ここでは、ファクタリングを利用するメリットや、ファクタリングの種類、ファクタリング以外の売掛金回収サービスなどについて深く掘り下げ、解説しています。

 

 

ファクタリングを利用するメリット

 

■売掛金を確実に回収できる

ファクタリング会社は売掛金を回収するプロなので、当然ながら確実に売掛金を回収してくれます。自分たちで回収しようと思ってもなかなか話が進まないことや、開き直られてしまうこともありますが、ファクタリング会社は効率的に売掛金を回収する方法を熟知していますので、信頼して任せられます。

 

■売掛金回収に時間を取られない

起業したばかりの事業者やベンチャー企業だと、人件費にお金を費やせないので少人数で事業を回しているというところも多いです。売掛金の回収に時間を取られてしまうと、肝心の事業がおそそかになってしまいなかなか事業を発展させられないということも。ファクタリング会社に売掛金回収代行を依頼すれば、回収に費やす時間を他の仕事に当てることができるので、効率的に作業できます。

 

 

「サービサー」とは?

 

■債権の買い取りや回収代行を行う

「サービサー」も、ファクタリングと同じように事業者に代わって売掛金の回収を行なってくれる企業です。売掛金回収代行のほか、債権の買い取りや債権の管理代行といったサービスも提供しています。ファクタリング会社との違いは、法務大臣から営業許可を受けた企業であるという点です。法務に精通しているため法的な知識に長け、より難しい債権回収も安心して任せられます。

 

■ファクタリング会社よりも手数料が高い

より高度なサービスを提供してくれる「サービサー」ですが、法務大臣から認可を受けるためには5億円以上の資本金があること、取締役の1人が弁護士でなければならないといった条件があります。このため、ファクタリング会社よりも設立までに多額の資金を要するほか、開業までのステップも多いので、利用する際の手数料も高いです。本当にサービサーを利用する必要があるかをよく検討した上で依頼することをおすすめします。

 

 

売掛金回収は代行するのもひとつの手です

 

売掛金の回収は、必ずしも自社で行なわなければならないというわけではなく、ファクタリング会社やサービサーといった会社や機関が代行してくれます。もちろん手数料はかかりますが、時間を節約できる、売掛金回収のストレスを軽減できるなど、多くのメリットがあります。回収業務が苦手な事業者や、自分で動いてもなかなか回収できない企業がある場合には、ぜひ利用してみるとよいでしょう。