BLOG

七福神のクレジットファクタリング

2019/01/18
ロゴ

七福神のクレジットファクタリング

 

  

 急場の資金調達手段としてよく利用されるファクタリングですが、飲食店などの業種はファクタリングを行う事が困難です。

 

 相手は一般消費者という事で金額が小さくなりますし、企業とは別に個人の信用情報を調べられる環境を用意しなければならないので

 手間がかかりますし、債権譲渡登記もできません。

 

 このような理由からファクタリング会社が引き受けるメリットが無いので一般消費者を相手にした債権のファクタリングは

 ほぼ不可能です。   

 

 ただし、クレジットカード債権の場合は、七福神のクレジットファクタリングができる可能性があります。

 

 クレジットカードは利用者との間で直接お金をやりとりするわけではなく、クレジットカード会社が仲介します。

 

 この時にポイントになるのが、事業者が受け取る代金の債務者は一般消費者個人ではなく、

 クレジットカード会社になっているという点です。 

 

  すなわち、仮に一般消費者がクレジットカードで決済して買い物してクレジットカードの代金を支払われなかったとしても、

 事業者は利用代金をクレジットカード会社から受け取る事ができます。

 

 なので、クレジットカード会社が消費者から利用代金を徴収する事になります。 

 

  このように考えると、クレジットカードで決済した場合は、クレジットカード会社と事業者の間の売掛金という形になります。

 

 クレジットカード会社を事業者という企業間の債権になるので、ファクタリングを行う事は可能なのです。 

 

  クレジットカードの債権だからと言って通常の売掛金のファクタリングと何か違うという事はありません。

 

 2社間ファクタリングも3社間ファクタリングも利用できるので安心して利用する事が可能です。 

 

  

クレジットファクタリングのメリットとデメリット 

 

  

 クレジットカード債権をファクタリングする事にどのようなメリットがあるのだろうか。

 

 もちろん、一般的なファクタリングによるメリットもあります。

 

 資金繰りの改善や貸借対照表がスリム化するなど様々な効果があります。

 

 それに加えてクレジットカード会社は一般的な会社と比較しても、信用力が高い企業が多いので、

 一般的な企業に対する売掛金よりも有利な条件でファクタリングしやすい傾向にあります。

 

 もちろん、キャッシュフローのサイクルを早める為に利用するのも資金繰りを円滑に出来る一つの手です。

 

 特に銀行融資を断られている企業にとっては、非常に良い資金調達手法だと言えます。 

 

  

 それに対してデメリットとして挙げられるのが、手数料の高さにあります。

 

 もちろん3社間ファクタリングならば手数料を押さえる事ができます。

 

 粗利率の高いビジネスならばこの手数料はそれほど気にならないかもしれませんし、手数料よりも

 資金の回転を重視した方が良い場合もあります。

 

 一概にクレジットカード債権のファクタリングが良いか悪いかを考えるのではなく、このケースでは

 利用する方が良い、このケースは良くないという個別のケース毎に良し悪しを考えた方が良いです。 

 

  

 

さいごに 

  

 

 七福神のクレジットファクタリングについて説明しました。

 

 クレジットカード債権のファクタリングは、利用できる数少ない急場の資金調達方法の一つです。

 

 クレジットカード債権をファクタリングする場合には、よく考えた上で利用しましょう。 

 

  消費者のニーズを考えた時にクレジットカードへの対応は絶対に必要となってきます。

 

 少し高級な飲食店などはクレジットカード決済が基本で、対応していない店は顧客にとって

 不便なので競合に大きく差を付けられかねません。

 

 このような理由から売上の事を考えると、クレジットカードを導入する事はきちんと検討しなければいけません。 

 

  七福神のクレジットファクタリングを、宜しくお願い致します。