BLOG

資金繰りのポイント その1 借入先

2019/01/24
ロゴ

資金繰りのポイント その1 借入先

 

 

 事業をしていると、常に資金繰りには悩みをかかえる事になると思います。

 

 大企業なら経費の借入先は安定しているので大した不安もないかもしれません。

 

 しかし、個人事業を営む個人事業主の場合には安定的な資金繰り先の確保は簡単な事ではないと思います。

 

 それゆえ、資金繰りに借入が必要になった時に、確実に融資を受けられる金融会社を確保しておく事は、個人事業主にとって

 必ず必要なことと言って良いでしょう。

 

 今日はそんな個人事業主の資金繰りに関するとポイントについて説明していきます。

 

 

個人事業主の事業資金の借入は難しい

 

 

 個人事業主が金融機関から資金繰りの融資を受けるのはそんなに簡単なことではありません。

 

 そして、経費借入に利用できる事業性資金の融資に限らず、誰でも利用できる無担保個人向けカードローンの利用においても、

 自営業者に対する審査や融資はかなり厳しくなります。

 

 なおかつ金融会社によっては、自営業者の利用は出来ないとしているところさえあるのが、現実です。

 

 比較的審査が柔軟と言われている一般向けカードローンでさえ、このような事情なのです。

 

 カードローンよりも借入額が大きくなる事業経費の為の事業性ローンになると個人事業主の利用はより厳しくなってしまう事は

 容易に推測できるのです。

 

 

個人事業主の資金繰りは銀行か信用金庫がベスト

 

 

 個人事業主が資金繰りをどうするか、考える際にまず頭に浮かぶのは銀行や信用金庫ではないでしょうか。

 

 銀行は金利が低く借りられる融資額も大きく、なによりも安心して長期間借りられるのがメリットです。

 

 また、信用金庫は、その地域に根差した地域定着型の金融機関であることが多く、地元の経済情況や地元にある中小企業の経営状態に

 明るいので個人事業主にとっては銀行よりも借りる敷居が低くて、かつ融資を受け易い金融機関と言えるでしょう。

 

 信用金庫の個人事業者向けのローンでは、一般的に担保は不要になります。

 

 しかし、連帯保証人は必要となる場合が多く、個人事業主の借入の場合には経営に参画している経営者以外に1名の保証人を要求される

 場合が多いのです。

 

 加えて一般向けカードローンよりも金融機関に提出しなければならない必要書類も多くなります。

 具体的には以下の書類が一般的なものとされています。

 

 会社の登記簿謄本(履歴事項が全部記された証明書)

 各々の経費使用に対する見積書

 事業計画書

 納税証明書

 確定申告書

 仕入納品書

 購入支払書

 

 

個人事業主の公的融資

 

 

 個人事業主が経費の借入を考えるなら、まずお勧めしたいものは政府系金融機関と各自治体で用意している中小企業向けの

 融資制度の利用になります。

 

 政府系金融機関の個人事業主向けでよく知られているのは、日本政策金融公庫と、中小企業制度融資でしょう。

 

 日本政策金融公庫では、中小企業の資金調達の支援を目的とした融資を行っています。

 

 日本政策金融公庫から個人事業主が経費のための借入をするには、かなりの用意と手続きを覚悟する必要が

 あると言えます。

 

 ここではそのすべてに触れる事は出来ませんが、主に2つの点に関して言及していきます。

 

 日本政策金融公庫から融資を受けるためには借りたい金額の三分の一は自己資金として用意しなければならないのです。

 

 もうひとつの難点は、審査に時間がかかるということなのです。

 

 

 一方で、中小企業制度融資は、各自治体で行っている中小企業向けの融資制度です。

 

 また、中小企業制度融資は、融資先の企業が融資によって事業を成功させ、あるいは拡大させることで収益が上がった分の

 税金がその自治体に寄与されることから地域活性化を目的とした投資のような側面があります。

 

 ただし、利用するためには、それなりの書類をきちんと揃えておく必要が出てきます。

 

 そして、融資のうちの10%程度が銀行のプロパー融資となることから、実質的には銀行から経費のための資金を融資して

 もらうことと同じになってしまうとも言えます。

 

 

 個人事業主が自分の事業のための資金繰りをまかなうために運転資金を金融機関から融資してもらうことは決して

 簡単な事ではありません。

 

 しかし、個人事業主が資金繰りのために借りられる金融機関はたくさんあります。

 

 個人事業主が資金繰りでお金を借り入れるなら、いちばんベストなのは政府系金融機関と中小企業向け融資制度を

 利用することです。

 

 これらの融資は金利では、一番の低金利となります。

 

 しかし、多くの個人事業主にとっては、ハードルの高い審査となることから、なかなか利用できないのが実情と言えます。

 

 そのことから、多くの個人事業主が実際に資金繰りをまかなっているのは銀行や信用金庫の利用となっていると言えます。 

 

 

個人事業主のビジネスローン

 

 

 上で説明したように政府系金融機関や各自治体で提供している中小企業向けの融資制度を利用できてお金を借りられれば、

 それがベストな方法だと思います。

 

 しかし、そのような金融機関から事業資金を融資してもらうのはそう簡単な事ではないのです。

 

 また、提出しなければならない必要書類の用意にそれなりの手間や時間もかかり、かつ審査にも時間がかかることから

 急な資金繰りには不向きと言ってよく、使い勝手は良くないと言えます。

 

 そのようなデメリットを勘案すると、個人事業が経費のための資金の借入先としては、やはり民間の金融機関が利便性の面で

 高くて融資の融通が利き易いと言う事になるのではないでしょうか。

 

 そして、民間の個人事業主向けの融資としては銀行や消費者金融が提供している事業者向けローンとビジネスローンと

 言われている金融商品がおすすめになると言えます。

 

 

さいごに

 

 

 個人事業主の方が、資金繰りに困るということは、大企業に比べても身近なものとなっています。

 

 その反面、借入が厳しくなってしまうという実情もあります。

 

 選択肢の一つに、ファクタリングという方法が、以前に比べ最近注目されています。

 

 メリットとして、即日対応可能な点が大きく、審査に関しても融資に比べ容易なことがあります。

 

 七福神のファクタリングでは、過去に事故情報があっても即日資金調達が可能になります。

 

 ファクタリングの七福神を宜しくお願い致します。