BLOG

個人事業主、自営業、フリーランスのためのクレジットカード その1メリット

2019/02/04
ロゴ

個人事業主、自営業、フリーランスのためのクレジットカード その1メリット

 

 

 自営業者や個人事業主、フリーランスになったら、クレジットカードの1枚くらいは持っておきたいものです。

 

 手持ちの現金がなくても経費の支払いなどが可能なためぜひともほしいところですが、審査に通るかどうかがそもそも

 気になる人も多いのではないでしょうか。

 

 個人事業主や自営業者、フリーランスがクレジットカードを持つメリットや気になる審査基準、個人事業主カードと法人カードの違い、

 さらには個人事業主におすすめのクレジットカードなども説明していきます。

 

 

個人事業主向けクレジットカード

 

 

 クレジットカードには、個人向けに発行されるクレジットカード以外にも、事業性の利用を目的とした法人クレジットカードと

 いうものが存在します。

 

 法人クレジットカードはさらに個人事業主向けと法人向けに分けられるのです。

 

 

個人事業主が持つメリット

 

 

 まずは、フリーランスや個人事業主、自営業者がクレジットカードを持つメリットについて説明していきます。

 

 

◎支払いに公私の区別ができる

 

 個人事業主が法人クレジットカードをもつ最大の特徴は、プライベートの支出と事業用の支出を明確に分けることが出来ることでしょう。

 

 仮に、個人向けクレジットカードで会社の経費もプライベートの支出も一緒に支払っていると面倒も多くなってしまいます。

 

 また、クレジットカードは利用するタイミングと引き落としのタイミングに1ヶ月近くタイムラグがあるため、1ヶ月後にまとめて利用額が

 引き落とされると、いくらが事業用の経費かを把握するのは困難です。

 

 本来の仕事に使うべき時間や労力を、経費管理に向けなければならないのは大きな損失となります。

 

 プライベートの支出を一般的なクレジットカード、会社の経費は個人事業主向けカードや法人向けカードで支払うとしておけば、

 経費精算は法人カードだけを見ればいいので経費管理にかかる時間を大幅に減らすことができるのです。

 

 

◎支出内容を一覧で一括で把握出来る

 

 クレジットカードは利用により、利用明細が一覧として保存されるので、支出内容を一覧として把握出来ます。

 

 事業規模の大きな法人であれば、経費の支払いや管理は事務や経理の人がやってくれるので経費管理の大変さを実感することはないはずです。

 

 

 アメックスビジネスゴールドカードなど、一部の個人事業者向けカードにはビジネス用のレポートを作ってくれるサービスがあります。

 

 四半期利用集計と四半期利用明細の2種類から構成される四半期管理レポートを作成してくれます。

 

 月ごとの利用内容の業種別支出をレポートでまとめてくれるので、個人事業主などは経費削減にもつなげられるメリットもあります。

 

 

◎経理処理の効率化が可能

 

 クレジットカードを利用することで、事業の経理処理の手間が大幅に省くことができます。

 

 個人事業主は、年間の売上と経費を確定申告する必要がありますが、確定申告のためには、経費を会計のルールに従って仕訳した台帳を

 税務署に提出する必要があります。

 

 自営業者や個人事業主、フリーランスは自分で仕入れから交渉、経費の管理まで行わなければならず、領収書やレシートなど支出の管理し、

 記帳するだけでも苦労が耐えません。

 

 経費管理を会計ソフトで行っている個人事業者も多いですが、日付や金額、勘定科目に摘要欄などを入力しないとならないのが

 面倒になります。

 

 最近ではクレジットカードの利用履歴を自動で一括で取り込んでくれるクラウド会計ソフトも登場しており、この機能を利用すれば、

 経理処理の時間を大幅に削減するうことが可能なのです。

 

 現金で支払って紙の領収書をもらうと、領収書の枚数分、数値の入力作業を行なわなければならずその手間は大変な手間になります。

 

 この機能を利用すればこれまでは手入力でしていた日付や金額、勘定科目に摘要欄の入力作業の必要がないのです。

 

 クレジットカードとクラウド会計ソフトを連動させておけば、自動で記帳してくれるため、経費の入力作業さえもいらなくなります。

 

 

◎事業経費の精算に使うことが出来る

 

 個人事業主の中には、個人向けクレジットカードを持っている人も少なくないと思います。

 

 個人事業主が個人向けクレジットカードを持っても構わないのですが、そのカードを会社の経費に使用する際には注意が必要です。

 

 カードによっては、個人向けクレジットカードで会社の経費を支払うことが利用規約違反に当たることがあります。

 

 例えば、三井トラストクラブカード(ダイナースカード)の利用規約7条8項(4)には、以下のような記述があるのです。

 

 『会員のカード利用が転売目的での販売用商品の購入や仕入れ代金の支払い等の商行為にあたる等、当社が不適当でないと判断したとき』

 

 この利用規約に違反があると、カード会社はカード利用を断ることができます。

 

 最悪、利用停止や強制退会などの措置を取られる可能性もあるのです。

 

 実際に、個人向けクレジットカードで事業用の決済を続けていることで、カード会社から事業用に使わないようにお願いされる場合もあります。

 

 この場合、使用を続けると実際に利用停止処置を取ると警告が出る事例もあるようです。

 

 個人事業者向けカードや法人向けカードは、仕事での利用を前提に発行されているカードなので、会社の経費の支払いに使用しても

 全く問題はありません。

 

 

◎ポイントが貯まる

 

 会社の経費を現金で支払っても得することはありませんが、法人カードで経費を支払うとクレジットカードのポイントが貯まります。

 

 一般的なクレジットカードとポイント還元率こそ異なるものの、法人カードは利用金額が個人とは桁違いである場合がほとんどです。

 

 ポイントがザクザク貯まるので貯まったポイントをギフトカードなどに交換して、ギフトカードで会社の備品を購入すれば経費節減にも

 つながるのです。

 

 

さいごに

 

 

 現金で経費を払うメリットはないように感じます。

 

 大きな金額を支払う場合などは、特に法人カードのメリットが大きくなります。

 

 しかし、クレジットの審査に個人事業主、自営業、フリーランスの方が審査を通すことは容易なことではありません。

 

 いざという時の資金調達は七福神のファクタリングにお任せください。

 

 七福神のファクタリングでは、売掛金さえあれば、簡単な審査で即日資金調達が可能になるのです。