BLOG

個人事業主、自営業、フリーランスのためのクレジットカード その2審査基準 前編

2019/02/06
ロゴ

個人事業主、自営業、フリーランスのためのクレジットカード その2審査基準 前編

 

 

 

個人事業主向けクレジットカードの申込基準を知る

 

 

 その1で自営業やフリーランス、個人事業主がクレジットカードを持つメリットを紹介してきましたが、そもそも個人事業主などは

 クレジットカードを持つことができるのでしょうか。

 

 以下に、法人ビジネスカードとして人気の主なカードの申込条件をまとめました。

 

 ・三井住友ビジネスカード          :法人のみを対象(カード使用者は20名以下が目安)

 ・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード:個人事業者・専門職・有資格者の方(個人口座/屋号付口座からの引落しになる方)

 ・JCB法人カード               :法人または個人事業主

 ・ダイナースクラブビジネスカード            :年齢27歳以上で法人、団体等の代表者・役員または個人事業主

 

 主なクレジットカード会社のビジネス向けカードには、法人専用カードと個人事業主専用カードの2本立てで臨む会社と、

 法人も個人事業主もどちらも申し込めるカードを用意するカード会社があります。

 

 三井住友VISAカードが、法人向けと個人事業主向けで分かれていますが、それ以外はどちらの属性でも申込可能となっています。

 

 

気になる審査基準と審査に通るコツ

 

 

個人事業主がクレジットカードの審査に通りにくい理由

 

 申し込み出来るのと審査に通るのとは別問題で、いくら申し込みできても審査に通らなければ何の意味もありません。

 

 そこで気になるのが、個人事業主がクレジットカードを申し込む際の審査基準です。

 

 残念なことに個人事業主やフリーランス、自営業者はクレジットカードの審査に通りにくいと言われていますが、まずはその理由を

 いくつか説明していきます。

 

 

◎収入が安定しない

 

 個人事業主やフリーランス、自営業者は誰かに雇用されることがないので自由なのがメリットですが、、自分の力や技術だけでその都度

 仕事を獲得していかなければならないので、なかなか収入は安定しないのです。

 

 加えて、万が一体調を崩そうものならば仕事ができない分の収入は減っていくリスクもあります。

 

 クレジットカードの審査の観点から見ると、個人事業主はサラリーマンに比べて、カード代金の返済する信用度は下がってしまうのが

 実情になります。

 

 クレジットカード会社としては、短期的に収入が多い時期と少ない時期がある方よりも、サラリーマンのように安定した収入がある方を好む

 傾向があります。

 

 

◎返済遅延の可能性が高い

 

 サラリーマンがお金を借りるのは、生活費や遊興費、住宅ローンやマイカーローンなどがほとんどだと思います。

 

 一方、個人事業主や自営業者、フリーランスは、それ以外に事業の運転資金やつなぎ資金、設備投資の資金などを借りるケースが多いのです。

 

 事業性資金は個人的な支出よりも高額になる場合がほとんどで、収入が入ってこなければ返済が遅れる可能性が高くなるのです。

 

 

◎収入証明の手段に乏しい

 

 審査で収入は非常に重要なポイントですが、自己申告で収入を記載したとしてもクレジットカード会社側としてはそれを鵜呑みにするわけには

 いかないのです。

 

 収入を証明するような書類がなければ、意味がなくなってしまうのです。

 

 自称自営業や自称フリーランスの人の中には、株やFXのトレーダーやネット販売の収入、ネットオークションでの収入等で生計を立てている人も

 多いですが、これらの人が収入を証明する書類を作るのは簡単ではないのです。

 

 基本的には確定申告書が収入書類となるのですが、自称自営業や自称フリーランスの人が証拠書類を整えた上で確定申告をするのは、

 非常に手間がかかるため確定申告をしない人もいます。

 

 この場合、確定申告書は当然発行されずに収入を証明できないので審査が厳しくなってしまいます。

 

 

さいごに

 

 

 クレジットカードの利便性については、何度も説明してきた通りになりますが、そもそも審査に通らなければ意味がありません。

 

 審査基準、申込基準をよく理解し、審査に望むようにしていきましょう。

 

 また、審査に通らない場合、他の資金調達手段を作るのも大切なことになると思います。

 

 そこで、弊社七福神からは、法人向けファクタリングをおすすめ致します。

 

 ファクタリングとは、保有している売掛債権をファクタリング会社に売却することによって、即日資金調達する手段になります。

 

 デメリットとしては、手数料がかかってしまい、本来入金予定の売掛債権の満額を受け取れないことになりますが、メリットのほうが大きいのです。

 

 メリットとして、1番に挙げられるのはやはり資金調達スピードになります。

 

 個人事業主、自営業、フリーランスの方にとって、即日資金調達というのは大変魅力的であると言えます。

 

 急な出費、お困りの際はぜひ七福神までお問い合わせください。