BLOG

フリーランスファクタリング 前編

2019/02/28
ロゴ

フリーランスファクタリング 前編

 

 

 最近では、フリーランスの方とも取引するファクタリング会社が増えています。

 

 現状では、売掛債権さえあれば、個人でも法人でも関係なく実行できるのがファクタリングの強みと言えます。

 

 しかし、個人では法人と比べて与信が低いため、ファクタリングにおいて不利と考えている人もほとんどです。

 

 加えて、高い手数料という悪いイメージがつきまとってしまい、個人で融資を受けるほうがマシと考える人も少なくありません。

 

 果たして、本当にそうなのでしょうか。

 

 今日は、フリーランスの方で、ファクタリングを利用するうえで知っておきたいことを説明していきます。

 

 

 

フリーランスは融資が受けにくい

 

 

 フリーランスは、法人と比較すると与信が低くなってしまいます。

 

 理由としては、安定した収入を得ることが法人や会社員と比較すると難しいとされているためです。

 

 事実、個人が融資審査を受ける条件として、3期以上確定申告が行われており、安定した経営ができているという証拠が

 必要であることがほとんどになります。

 

 なので、法人と比べて融資を受けるハードルが高くなってしまうことは否定できません。

 

 事実、融資の相談ができれば良い方で、門前払いされることも珍しくないのが現状なんです。

 

 

 また、ローンを組んだり、クレジットカードの審査も、安定した収入があることが証明できなければ難しくなってしまうのです。

 

 このように、メジャーな調達手段である銀行融資が望めないということは、資金調達の難易度が法人と比べて上がるということになります。

 

 個人では、法人と比べるとできることに限りが出てしまいます。

 

 とはいえ、これは個人に限った話ではないのです。

 

 たとえ法人でも、設立してから日が浅かったり経営状況が悪化している時は審査に通らなくなります。

 

 

ビジネスローンは条件が厳しい

 

 

 銀行融資が望めない場合、ビジネスローンを利用するという方法もあります。

 

 ビジネスローンは、ノンバンクが法人向けに提供している融資のことで、銀行に比べ審査が緩く融資スピードも速いです。

 

 その代わり、ノンバンクから資金調達をしているため、銀行より金利はどうしても高くなります。

 

 

 具体的には、金融機関の融資が年利1.5%~5%なのに対して、ビジネスローンでは10%~18%となります。

 

 なので、資金調達においてはあまり多用すべき手段ではない、と言えます。

 

 

消費者金融でもサラリーマンより厳しい

 

 

 設立して日が浅く、ビジネスローンも利用できない場合は、消費者金融を使うという手段もあります。

 

 ただし、消費者金融ではサラリーマンよりも不利な条件となるため、基本的にはおすすめできません。

 

 ビジネスローンと違い、生活費などの調達でも利用することができるのがメリットです。

 

 しかし、あくまで最終手段として考えておくべきだと思います。

 

 

日本政策金融公庫

 

 

 なお、個人であっても日本政策金融公庫など政府系の金融機関であれば融資を受けることが出来ます。

 

 金利も銀行並に低く、融資を受ける際は有力な手段の一つと言えます。

 

 ただし、場合によっては保証人や担保が必要となる場合もあります。

 

 

融資が受けられなくても使える七福神のファクタリング

 

 

 フリーランスが資金調達するのは、現実としてとても難しいのです。

 

 ですが、フリーランスが活用できる資金調達手段として、七福神のファクタリングがあります。

 

 七福神のファクタリングでは、持っている売掛債権を別企業に売却して現金化する手段があります。

 

 債権を譲渡し、現金化すること自体は中小企業庁が奨励している手段であり、違法性は全くありません。

 

 

さいごに

 

 

 前編では、フリーランスの融資が難しいことを説明しました。

 

 後編では、七福神のフリーランスファクタリングについて、詳しく説明していきます。

 

 ブラック、自己破産、債務整理、個人事業主、自営業でも即日融資に変わる即日資金調達が可能な七福神の法人向けファクタリングを

 宜しくお願い致します。