BLOG

ファクタリングにおいての失敗例

2019/05/02
ロゴ

ファクタリングにおいての失敗例

 

 

 

ファクタリングとは融資と違い所有している売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうサービスです。

 

今回は失敗例を参考に会社経営の資金繰りに役立てて頂ければと思います。

 

 

 

 

ファクタリング手数料

 

ファクタリングを利用するにあたって、必ずファクタリング手数料という費用がかかります。

このファクタリング手数料に関する失敗が多いです。

 

銀行から借入すれば利息がかかります。

手形割引を行えば、割引料が必要になります。

ファクタリングも同様に手数料が必要になるんです。

 

 

但し、銀行融資とは、大きく違うところもあります。

銀行からの融資の場合、審査さえ通ってしまえば大抵安全であり、問題が起こることはほとんどないでしょう。

 

大手銀行であれ、地方銀行であれ、長い年月、行政から厳しく監督されていますので、

不正などの法外なことをするということは、まずありません。

 

そのため、利用する側も、信頼して取引することができますし、失敗することもほとんどありません。

 

 

しかし、ファクタリング会社は歴史も浅く、悪質な会社も存在している事実がありますので、

会社選びは慎重に選ぶ必要があります。

 

 

さらに、ファクタリングを利用する会社、個人事業主のなかには、資金調達までの時間がなく、焦っている方も大勢いらっしゃると思います。

 

一刻も早く、資金調達しなければいけない状況を見抜かれて、

悪質なファクタリング会社から高すぎるファクタリング手数料を取られてしまうという失敗が良く見られます。

 

 

こういったファクタリング手数料に関する失敗は非常に多いので注意が必要です。

 

 

 

契約内容の確認不足

 

 

悪質なファクタリング業者に引っかかってしまうと、契約内容を理解させないまま契約させようとします。

 

通常であれば、審査に通過して、ファクタリング可能となれば、条件提示と同時に、契約書のひな形を渡され、契約内容に関する確認を依頼されます。 

 

しかし、悪質なファクタリング業者のなかには、契約書のひな形をあれこれ理由をつけて渡さず、

ぎりぎりまで契約内容を明らかにしないままファクタリング契約をさせようとします。

 

 

会社経営者、個人事業主の方も、資金調達の期限に差し迫ってからの不利な条件を提示されても、

焦って契約を拒否することができなくなるという失敗も多くあります。 

 

 

良く理解していなかった費用を請求されたり、取引先から売掛金支払いが無かった際にも、

本来不要な請求をされてしまうなどのトラブルが起こることも考えられます。 

 

悪質なファクタリング業者に騙されるといった失敗がないようにするには、

複数のファクタリング業者に並行して相談する相見積もりも視野に入れ、

契約書を見せない業者は、思い切って断ってしまうなどの対応がファクタリング契約には重要です。

 

 

 

虚偽の申告

 

 

ファクタリングを利用しようとする方のなかには、資金繰りに追い詰められていて、

なんとかファクタリングを成功させたいという考えから、虚偽の申告をしてしまう方がいます。

 

 

売掛先の情報や、売掛金の回収状況など、有利に進めるため意図的に嘘を付いてしまうことがあります。

 

こういったファクタリング会社への虚偽申告はのちのち大きなトラブルを起こす問題になります。

 

 

ファクタリングでの契約までの流れは、

申込、審査までをインターネット経由や、電話での相談、契約直前に面談を行うことが少なくありません。

 

そして、ファクタリング会社としても、面談のなかで、

それまでの申告内容や、書類に虚偽の申告がないかを確認しています。

 

この段階で虚偽が発覚すれば、ファクタリング会社としてもリスクを負えないため、ファクタリング自体が中止になるでしょう。

結果的に資金調達できなくなります。

 

 

 

 

2社間ファクタリング

 

まず2社間ファクタリングとは、売掛債権を売却して資金調達する一般的なファクタリングサービスです。

 

ファクタリングを利用する会社とファクタリング会社

 

この2社間の契約に基づき、ファクタリングを行うことをいいます。

 

 

売却した売掛債権の期日回収は、引き続きファクタリングを利用した会社が行います。

 

そのうえで、回収した代金をファクタリング会社に支払います。

 

これは、取引先に対して、ファクタリングによる売却を公表をしないことから、

表面上はファクタリングを利用した会社が支払先として残る必要があるためです。

 

そんな状況を利用して、会社経営者、個人事業主がトラブルを起こしてしまうことがあるのです。

 

解りやすい失敗例として、回収した売掛金を、ファクタリング会社に支払わずに、使ってしまうことが多くあります。

 

 

それ以外にも、資金に困窮した方は既に売却してしまった売掛金にも関わらず、

別のファクタリング会社に、もう一度売却してしまうこともあります。

 

特に2社間契約の場合お互いの信頼関係が大事になるので絶対にやめましょう。

 

これらは、犯罪です。

逮捕される可能性もありますので、絶対に行ってはいけません。 

 

 

ファクタリング後に回収した売掛金の流用、二重譲渡に関する失敗は少なくありませんので、気をつけましょう。

 

 

 

 

契約までに時間をかけ過ぎた

 

 

 

ファクタリングなら短期間で資金調達可能です。

場合によっては即日資金調達も出来るサービスですが、

期待していたにも関わらず、契約完了までに時間がかかってしまい、資金調達が間に合わないという失敗があります。

 

 

ファクタリング会社は、どこの会社でもスピード査定、スピード買い取りが出来るわけではありません。

 

特に、実績や業歴が豊富で、安心して利用できるファクタリング業者ではスピード感のある取引は多くありません。

 

 

残念ながら、大手銀行系列のファクタリング会社は特に時間がかかります。

 

銀行系列のファクタリング会社は、審査にも時間がかかるうえ、取引先それぞれの同意を得る3社間での契約が必要であり、短期間で実行できるものではありません。 

 

すぐに資金調達できると期待していたのに、時間がかかり過ぎた、という失敗をしないためにも、ファクタリング会社選びには注意しましょう。

 

 

 

 

償還請求権

 

 

ファクタリングの失敗事例として、償還請求権に関するものもあります。

 

 

そもそも償還請求権というのは、ファクタリング後の売掛金に関し、

取引先が万が一売掛金を支払えなかった場合に、ファクタリング会社が、資金調達者に代金を請求する権利です。

 

銀行の手形割引では、通常の契約内容でお金を返す必要があります。

 

 

しかし、一般的なファクタリングでは、償還請求権はなく、取引先の支払リスクは、ファクタリング会社が負います。

 

ファクタリングでのメリットの一つなのですが、

それにも関わらず、契約内容に償還請求権が盛り込まれていて、

後から請求されて支払いが出来ないというトラブル事例があります。 

 

こういった悪質なファクタリング会社に騙されて問題を抱えないためにも、

事前に契約内容を良く確認しておくことは、大変重要なことです。

 

 

 

さいごに

 

失敗例の多くは、ファクタリング会社選びに失敗し悪徳業者と取引してしまうことがほとんどです。

 

資金調達に焦って、無計画に売掛金を売却することは絶対におすすめ出来ません。

 

 

しかし、ファクタリング会社のおかげで資金調達が可能になり、窮地を免れた経営者が数多くいらっしゃるのもまた事実です。