BLOG

個人事業主、即日融資について

2019/05/06
ロゴ

個人事業主、即日融資について

 

 

 

個人事業主にとって、資金調達、資金繰りは経営をするうえで決して欠かせないものです。

 

万が一今日、明日にでも資金を用意したい場合、法人としてではなく個人として借入する、という手段も検討する方もいらっしゃるでしょう。

 

 

そういった状況で選択肢に挙がるカードローンですが、利用目的が事業式であるなら通常は審査が通ることはまずありえません。

 

 

 

 

そもそも、カードローンは個人向けに融資を行う金融商品です。

個人事業主にとっては使い勝手が悪くなってしまっております。

 

 

個人向け融資とは

 

貸付けの契約には個人向け貸付け、個人向け保証、法人向け貸付け、法人向け保証の4種類があります。

その中でも総量規制の対象となるのは、個人向け貸付けのみです。

 

法人向けの貸付けと保証、また個人向けであっても個人向け保証については総量規制の対象にはなりません。

 

 

 

用途が事業資金である場合は債権者が個人でも個人向け融資に当たりません。

このため、一般的なカードローンは事業資金目当ての借入を一般的に禁止しています。

 

 

個人向けカードローンは消費に使うものです。

 

しかし事業資金の使い道は二通りあります。

 

一つは事業の運転資金、従業員の給料や仕入れ等です。

 

もう一つは事業に必要な設備投資で、消費に使うことはできません。

 

そして個人向けカードローンの審査の基準は本人の収入です。

 

一方、事業資金の審査の基準は事業の粗利などです。

 

また経費の大きな会社は多くの運転資金が必要になるケースが多いため、

まとまった金額を借りるので、事業資金審査では決算書を詳細に分析することがほとんどです。

個人ローンでは収入の多い人ほど多くの消費をすることができるので高額の借入ができます。

 

審査の観点から見ても、個人ローンと事業資金では全く違ってきます。

個人ローンで借りたお金を事業に使用することは本来してはいけない事なのです。

 

 

それを踏まえた上で、個人事業主にとって、まともな手段での即日融資は難しい事です。

 

ファクタリングでは融資とは違い、売掛金を売却するものなので、

即日融資も可能です。

 

 

 

事業資金としての借入なら、銀行融資が代表的です。

銀行融資であれば、一般的なカードローンでは対処できない資金難を解決できる事が多いでしょう。

 

とはいえ、実際に融資を受けるまでの手続きには長い時間を要するものなので、

融資を申し込んでから稟議の承認を待って、実際に借り入れできるようになるまでには、早くても1ヶ月以上かかってしまいます。

 

 

そして1ヶ月後の融資であっても銀行融資の審査は簡単ではありません。

 

審査終了を待てば必ず借入できるわけではなく、1ヶ月以上待たされた末に審査落ちする個人事業主は、決して珍しくありません。。

 

緊急で資金が必要といった状況ではやはり銀行融資はおすすめ出来ません。

 

 

 

事業資金に使える融資が必要だけど、銀行の審査を待っている余裕はない。

 

そういった銀行の審査を待つ余裕のない個人事業主のニーズは、ビジネス用のカードローンも一つの手段になり得ます。

 

ビジネス用のカードローンとは、事業資金としての利用を認められたカードローンです。

ビジネスローンという言い方も最近では一般的なのではないでしょうか。

 

 

銀行融資とビジネスローンでは審査がまるで違います。

 

もっとも顕著に表れるのは必要書類ではないでしょうか。

 

まず銀行融資で必要になる書類は下記になります。

 

 

・3期分の決算書類

・登記簿謄本

・許認可証

・事業計画書

・定款

 

 

一方でビジネスローンの場合では

 

 

・本人確認書類

・収入証明書類

・事業実績を証明する書類

 

 

になります。

 

 

またビジネスローンの手順としては、

 

各金融機関の公式サイトで申込 ⇒ ネット上で必要書類提出 ⇒ 担当者からの電話連絡 ⇒ 審査結果、融資となります。

 

 

 

こちらの手続きは、全て携帯電話さえあればどこでも申込ができます。

当日中の結果通知を行ってる金融機関もあり、即日融資ができるビジネス用カードローンも存在します。

 

個人向け金融商品とは違い総量規制にも当てはまらないので年収とは関係なく融資が受けられます。

 

 

 

さいごに

 

個人事業主の方にとって、事業資金、運転資金の即日融資は決して簡単なものではありません。

 

銀行融資を即日で受けることはまず不可能ではないでしょうか。

 

 

しかし、今日、明日にでも資金調達が必要といった状況は、必ずしも発生しないとは言い切れません。

 

万が一そういった状況に陥ったら、即日融資可能なビジネス用カードローンに目を向けるのも選択肢の一つです。