BLOG

ビジネスローン審査難易度 前編

2019/06/03
ロゴ

ビジネスローン審査難易度 前編


 審査に甘いビジネスローンとは?

 審査に自信がない方が申し込む際に気になるところだと思います。

 また、ビジネスローン審査に落ちてしまってどうすれば良いのかわからないという経営者の方も少なくない
 と思います。

 今日は、審査が甘いビジネスローン、審査が厳しいビジネスローンをジャンルごとに前編と後編に分けて
 説明していきます。


金融機関のジャンル別の審査難易度ランキング


 1 難易度:厳しい   大手都市銀行ビジネスローン
 2 難易度:厳しい   地方銀行ビジネスローン(保証協会の保証付き融資)
 3 難易度:やや厳しい ネット銀行ビジネスローン
 4 難易度:やや厳しい 信用金庫ビジネスローン
 5 難易度:普通    クラウドファンディング会社ビジネスローン
 6 難易度:普通    大手消費者金融ビジネスローン
 7 難易度:やや甘い  大手事業者金融ビジネスローン
 8 難易度:甘い    中小事業者金融ビジネスローン



①難易度:厳しい 大手都市銀行ビジネスローン


 ビジネスローンは、大手都市銀行が開発したローン商品であり、今までの大企業重視の融資方針を、
 中小零細企業に広げることで、銀行の収益を拡大させようとして誕生したものになります。

 銀行融資は、企業に対して融資担当者がついて、綿密な調査をして、稟議を起案して、支店長や本部に
 承認をもらって、低金利で融資をするというものでしたが、企業に対して人件費もかかるため、融資額が
 小さく、貸し倒れリスクが高い、中小零細企業には、なかなか融資をしなかったのです。

 審査はスコアリングシステムで自動化して、金利を上げれば、貸し倒れリスクの高い中小零細企業にも
 融資ができるように開発したのがビジネスローンです。

 しかし、銀行ビジネスローンは、一時銀行が販売してみたところ、想定したスコアリングシステムの
 貸し倒れ率よりも、実際の貸し倒れが多く発生し、大きな損失を出してしまったのです。

 そこからというもの、大手都市銀行は、ほとんどビジネスローンに力を入れなくなったのです。

 なので、ビジネスローン審査が一番厳しい状態になってしまっているのです。


②難易度:厳しい 地方銀行ビジネスローン


 地方銀行も、多くのビジネスローンを提供しています。

 しかし、これらは名前だけビジネスローンとついていますが、実際は保証会社に信用保証協会が
 入っているため、保証協会の保証付き融資なのです。

 保証協会の保証付き融資をビジネスローンと呼んでいるのです。

 ビジネスローンを考えている方は、すでに保証協会の保証付き融資は検討済みの方が多いと思いますので、
 当然、地方銀行のビジネスローン審査も通るのは難しいのです。


③難易度:やや厳しい ネット銀行ビジネスローン

 
 ネット銀行も、いくつかの銀行がビジネスローンに参入してきています。

 ネット銀行が提供してきたカードローンの仕組みをそのままビジネスローンに転用した形になります。

 数が少ないのは、ネット銀行は事業者向けの融資の経験値が少ないためになります。

 ネットだけで審査をしても、貸し倒れがどうなるのかが分からないのです。

 その分、やや探り探りの審査になるため、審査はやや厳しいようになってしまっています。


さいごに


 前編では、審査が厳しい銀行系のビジネスローンについて説明していきました。

 後編では、信用金庫や大手消費者金融のビジネスローンについて説明していきます。

 また、経営者の方でビジネスローンをお考えの方は参考にしてみてください。

 七福神の法人向けファクタリングでは、ビジネスローンと違う審査基準で即日資金調達が可能になります。

 ビジネスローンの審査において、個人事業主、自営業の方だと審査に通りづらい現状がありますが、七福神の
 ファクタリングでは、個人事業主、自営業の方に積極的に取引させていただいております。

 資金繰りの改善、急な出費などで緊急でお金が必要な方は七福神にお任せください。