BLOG

償還請求権について

2019/06/14
ロゴ

償還請求権について

 
 ファクタリングには償還請求権が有る会社と無い会社があります。

 これはお客様にとっても凄く重要な事であり、必ず知っておいてもらいたい事でも
 あります。

 まず償還請求権とは売掛先の倒産などで回収できなかった場合、利用者にその金額の
 支払いをする権利のことを言います。

 すなわち、売掛先の倒産などで売掛債権の回収が不可能になってしまった場合、
 ファクタリング会社は償還請求権を行使し、不良債権の売掛金の回収を図る事が
 できるという事です。

 ファクタリング利用者側の立場からすると、せっかく資金調達に成功しても売掛先が
 倒産してしまうとその資金を支払う必要があり、そこを考慮しながら経営をして
 いかなければいけません。

 それから、担保や保証人をとり、償還請求権があるのが貸金業(売掛債権担保融資)
 になります。

 売掛債権担保融資ではお客様の抱えている売掛債権を譲渡するのではなく、
 あくまで担保として融資します。

 昨今のファクタリング会社はこの償還請求権が無いところがほとんどになります。

 なので償還請求権がないファクタリングの場合は、そのリスクはファクタリング
 会社が背負いますので、利用者はその金額を支払う必要はないのです。

 反対にこの償還請求権があるファクタリング会社は譲渡担保融資の側面が強いです。

 もちろん弊社七福神は貸金業ではなく、ファクタリング業であり、償還請求権が
 ないため、買取した債権が売掛先の倒産などにより回収困難な状況においても、
 お客様に保証を求めません。

 さらに、ファクタリング契約とは債権譲渡契約であり、買い戻し特約を付したり
 担保設定をするなどの特約も一切ありません。

 そのため、売掛先様の不払いリスクを全て弊社が負う形になります。

 (消費者貸借契約ではないことは金融庁に確認済みであり、弊社のファクタリング
  契約は貸金業法上の規制を受けるものでもありません) 

 
さいごに


 七福神の法人向けファクタリングでは、個人事業主、自営業のお客様が多く、
 信用性の薄い売掛債権でも場合によっては買い取りをさせて頂いております。