BLOG

ファクタリング 飲食店編 後編

2019/06/25
ロゴ

ファクタリング 飲食店編 後編


運転資金の調達


 先ほども言いましたが、余裕資金がない場合は、まず資金を調達することが第一優先になります。

 今ならまだ間に合う状況であるなら資金調達を積極的に考えてみるべきです。

 つまりつなぎ融資を受けるということです。

 個人の飲食店経営で資金を調達するには以下の機関で考えてみましょう。

 
公的融資機関


 ・銀行
 ・民間融資会社
 ・ファクタリング会社

 
公的融資期間

 
 ここでは日本政策金融公庫のことです。

 メリットとしては金利が安いという部分です。

 しかし、デメリットとしては、審査が厳しく、審査期間も長く、提出書類が多い等、低金利で受けるための条件が
 あります。

 
銀行

 
 都市銀行や信用金庫などです。

 メリットは金利は国民生活金融公庫よりは高いですが、それでも一般的には低金利で融資を行っている場合が
 ほとんどです。

 逆に、デメリットとしては、審査が厳しく、提出書類が多い等、国民生活金融公庫と同じようなデメリットが
 あります。

 
民間融資会社

 
 銀行以外のいわゆるビジネスローン、事業者ローンとよばれる融資会社です。

 メリットとしては、国民生活金融公庫、銀行で融資を断られた方でも審査に通った方が多数います。

 必要書類も少なく、審査機関が短く、早い場合は即日融資も可能になる点です。

 デメリットとしては、金利が高いという部分があります。
 
 
ファクタリング会社

 
 メリットとしては、どこの融資も受けられない方でも、売掛金さえあれば売却可能です。

 必要書類を不要としている会社も中にはあり、即日での資金調達も可能です。 

 逆にデメリットとしては、手数料が高く、審査基準も会社によって様々で一概には言えない点です。

 
個人の借入と事業資金の借入

 
 個人事業者でも株式等の会社経営者でも、融資を受ける形態として、個人の融資、事業融資とあります。

 個人の融資では、融資を受ける当事者の職業や年収などが審査のポイントとなります。

 飲食店経営者で、夜間に土木や交通整備などでアルバイトをされる方がたまにいらっしゃいます。

 その方は個人で借りる場合、有利に働くことがあるので、覚えておいて損はありません。 

 事業融資では、お店や会社の成績が審査のポイントとなります。

 もちろん個人飲食店を経営されている場合でも事業者ローンを利用することが可能です。

 融資限度額は個人性と事業性の2つで別枠があります。

 あくまでも一例ですが、たとえば個人で借金があって、

 限度額いっぱいに借りていても、個人飲食店を営んでいれば、事業者ローンビジネスローンを
 個人とは別で借りることができます。

 融資を行う機関や民間会社では個人の融資と事業の融資の審査は別と考えて行われます。

 ただし、あくまでも融資の審査では、国が法律で決めている、

 信用情報を見て審査するので、事業性融資だからといって個人の借入がまったく影響しないわけでは
 ありません。

 しかし、あきらめる必要はなく、手順どおり申し込みをすれば、個人の借入があっても、事業融資を
 受けられる可能性はあります。

 仮にダメな場合でも、デメリットは何もありません。

 単純に審査が通らなかったという通知がくるだけです。

 
現実的に審査通過が厳しい2つの機関
 

 ・公的融資機関
 ・銀行

 この2つのタイプの機関は金利が安いメリットがある分、審査基準が高く審査に通らないことが
 多いです。

 事業ローン、ビジネスローンの審査に関しては、飲食店での資金調達ですので、ビジネスローンの方が
 審査は通りやすいです。

 さらに融資条件を低くするには、無担保、無保証で借りられるところを選ぶことです。

 審査完了と融資される日が早いというメリットがあります。

 担保が必要、保証人が必要の両方、またはどちらかが必須の場合、金利がやや低いというメリットは
 ありますが、万が一の時は担保物件は取られてしまいます。

 また、担保物件がない場合、それはできません。

 保証人が必要な場合は、当事者以外の誰かを保証人にたてますので、万が一の時はその人に責任が生じ、
 迷惑をかけてしまうことがあります。

 
飲食店でもファクタリングは可能

 
 飲食店経営者の場合、資金の使い方は他の業種と比べて多種多様です。

 基本的には、出した飲食代はすぐに請求し、現金化することが多いですが、クレジット決済などの、

 後から入金が入る場合はファクタリング可能です。

 弊社七福神でも飲食店経営者からの相談はあります。

 飲食店ファクタリングをお考えのかたは、ぜひご相談ください。

 きっとお力になれるはずです。