BLOG

資金調達の上手い会社の特徴

2019/07/05
ロゴ

資金調達の上手い会社の特徴 
 

 お客様の中には資金不足の会社とお付き合いして、売掛金が回収出来なかったり、相手が倒産して
 しまったなどの事は今までなかったでしょうか。

 今日は、資金調達の観点から、資金調達の上手い会社とそうでない会社との違いを説明していこうと
 思います。

 2019年現在、多くの会社が資金不足に頭を悩ませていることと思います。

 売掛金の入金が少し遅れるだけでも、資金がショートする恐れが出てくる中小企業が多くなっています。

 資金不足になったとしても資金調達ができれば問題は少し軽減されます。

 一時的な資金不足には資金調達できることで、十分にカバーできる事も多いわけです。

 しかし一方で資金調達が出来る会社と出来ない会社があることも事実です。

 例えば資金不足に陥った際、借り入れを行ったり社債を発行したりするなどして乗り切ろうとする
 会社もあります。

 しかしすべての会社が借入できるわけではないのです。

 中には社債を発行できない会社もあるのです。

 こちらでは資金調達能力のある会社とない会社の違いを明らかにしていきます。

 
社債の発行による資金調達ができる会社とできない会社

 
 信用力がある会社は、社債発行による資金調達ができます。

 信用力がない会社は、社債発行による資金調達が出来ません。

 社債発行とは簡単に言ってしまえば負債が増えるタイプの資金調達方法となっています。

 会社の信用力の有無で発行をできる場合と出来ない場合が関わってきますので、創業間もないころには
 利用しにくい資金調達方法になります。

 赤字経営が続いているときも、信用力がなくなっているので社債発行は厳しいです。

 社債発行には2つの種類があります。
 

◎普通社債

 返済の必要のある社債となっています。

 簡単に言いますと、お金を借りるのと同じような状況になるのです。

 借入と同様に利息の支払いも必要になってきます。

 注視すべき点は返済予定時点で支払い能力があるのかがとても大事になってきます。

 もちろん会社の信用力が極めて重要になっており、信用の有無によって利息率も変わってきます。

 信用がある会社であれば、返済能力があるとのことで利息率は低く設定できます。
 
 しかし逆に、信用力が低い会社の場合は利息率を高く設定しないと資金調達は難しくなります。
 

◎新株予約権付社債

 社債となっていますが、その社債が将来的に株式へ替わる可能性のある社債のことをいいます。

 新株予約権付社債に関しては、投資家側の意向によって社債のままで回収するか株式に替えるかを
 決められます。

 より柔軟性のある社債、といっても過言ではありません。

 よって普通社債と比べ、信用力がない会社でも発行できるものとなっています。

 投資家に有利な社債なので、どうしても資金調達したいという場合以外は利用しないほうが良いかも
 しれません。


さいごに


 七福神の法人向けファクタリングでは、売掛債権の信用性で買取するかの審査をしています。

 なので、会社の信用に自信のない個人事業主の方でも多くのお客様がファクタリングをして頂いております。
 
 緊急で、資金調達をお考えのご経営者様はぜひ七福神にお任せください。