BLOG

赤字経営でも銀行融資は受けられる? 

2019/07/25
ロゴ

赤字経営でも銀行融資は受けられる? 
 

 赤字で会社の決算をした場合、銀行は新規融資を当然渋ります。

 貸倒れになったり、リスケを求められたりする可能性が高まるためになります。

 赤字決算の数値は、銀行へ渡されるとそのまま、それぞれの各銀行の格付けシステムに入力され、
 びっくりするほど早く、その企業の格付けは下げられてしまうのです。 

 正常運転資金は、黒字である限り問題なく貸してくれます。

 しかし、赤字の会社は、運転資金が赤字分だけ目減りするので、正常運転資金とはいえ、無条件に
 貸すわけにはいかないというのが、銀行の基本理念になります。

 また、当期利益+減価償却費をキャッシュフローと見なすので、赤字の会社は、キャッシュフローが
 悪い会社と判断し、長期融資も嫌われてしまいます。

 しかし、赤字の会社こそ当然、急ぎの資金が必要です。

 まず、一つに赤字が一過性であることを訴えるという方法があります。

 一過性の要因から今回だけ赤字になってしまったが、本来は黒字なんですよ。と主張するのです。

 赤字の原因が、在庫処分、貸倒損失、固定資産売却損、退職金に原因があるのであれば、特別損失の
 区分に計上して、経常利益は、なるべくプラスにしましょう。

 赤字原因がいずれかに当てはまることが経営者の皆さんの中で割りと多いので、赤字決算になりそう
 なときには、まずそちらから検討してみてください。

 赤字が一過性であれば、運転資金が赤字に食われることもなくなります。
 
 キャッシュフローも長期的には黒字となるので、銀行からしてもお金を貸すことに経済的合理性を
 見出すことができるようになるでしょう。

 一過性の赤字であれば、正常先としてもよいと、金融庁の検査マニュアルに書かれていますので
 とても有効な対策です。

 重要顧客を失ったとか、価格競争が厳しくなってしまったことが赤字原因である場合には、やはり
 一過性であるとは言えません。

 その場合には、経営改善計画を作って、次年度は、赤字が確実に解消されることを強調してください。

 中小企業については、赤字だからといって画一的に格付けを下げてはならないと、金融庁の検査
 マニュアル別冊に書かれており、赤字でも格付けが引き上げられた事例が実際に公表されています。

 検査マニュアルは、銀行に勤めている方にとっては、無視することが赦されないバイブルです。

 赤字が確実に解消されることをアピールするのは、とても有効である方法となります。

 ただ、経営改善計画の作り方には工夫が必要です。

 内容をばら色にすればよいというそんな単純なものではありません。

 銀行は、経営改善計画を赤字の決算書と比較します。

 対策を明確に打ち出し、個々の対策の利益改善効果を具体的に説明した上で、赤字の決算書と、
 将来の経営改善計画の違いを合理的に説明できなければならないのです。

 黒字化にする対策にはさまざまな方法があると思います。

 多くの場合は、役員報酬カットや減給、リストラは不可避の対策となるでしょう。

 説明が合理的であれば、黒字を確保できると判断材料にしてくれるので資金調達は、充分に可能です。

 また、口頭でいくら、担当の銀行マンに赤字を解消できると自身満々に説明しても、効果はあまり期待
 できません。

 忙しい渉外担当者が、自ら資料を作って、格付けを改善する労力をとってくれることは基本的にはない
 からです。

 経営改善計画は、資料として審査担当者まで届きますので、重要な訴求資料になります。

 必ず、赤字解消のための対策は、経営改善計画という文書にして渡すようにしてください。
 

さいごに
 

 赤字の会社において一過性の赤字の場合、資金調達手段としてファクタリングをお勧め致します。

 弊社七福神の法人向けファクタリングでは、銀行融資とは違い、各銀行のような格付けシステムも不要ですし、
 キャッシュフローも一切提出する必要がありません。 

 売掛金を買い取らせていただくサービスなので、言ってしまえば黒字でも赤字でも関係ありません。

 また会社経営者にとってメリットが大きいのが、データに残らないことも一つ挙げられます。

 もちろん2社間ファクタリングでは、取引先にもバレる事はありません。

 即日資金調達可能なファクタリングの七福神を宜しくお願い致します。