BLOG

ファクタリングは売掛先の信用力が大事?!

2019/09/23
ロゴ

ファクタリングは売掛先の信用力が大事?!

 

ファクタリング会社は利用者から売掛金を買い取る時の資金を売掛先から代金を回収することで得ています。そのため、売掛先が代金を回収できそうな信用力のある企業かはファクタリング会社にとっては大変重要です。

 

売掛先の信用力は重要か?

先ほど申したようにファクタリングにおいて重要なのは売掛先の信用力になります。

ファクタリングは、銀行融資やビジネスローンとは違い、ファクタリング利用者の信用力はあまり重視されません。銀行融資やビジネスローンでは融資先から元本と利息の2つを回収する必要がありますが、ファクタリングは融資ではないので利用者から元本と利息を回収する必要がありません。

ファクタリングの場合は、売掛先から代金を回収する必要があるので、利用者よりも売掛先の信用力を重視しています。

ファクタリング会社にとっての「信用力」とは利用者の売掛金を買い取ってもきちんと代金を回収できるかということを指しています。

信用力の低い企業に対する売掛金は債権回収リスクが高まり、信用力の高い企業に対する売掛金は逆に債権回収リスクが低くなるので、ファクタリングしやすくなります。ちなみに、売掛先の信用力といってもそれを構成する要素はいくつかに分かれており、信用力をはかるための代表的な要素として、その会社の財務状態や過去の金融事故の有無があげられます。

 

信用力の調査ってどんなもの?

ファクタリング会社は、どのようにして売掛先企業の信用力を調査しているのでしょうか?

銀行融資やビジネスローンが融資先の信用力を評価する場合との大きな違いは、ファクタリングが決算書などによって企業の財務状況を確認できないことが挙げられます。

銀行融資やビジネスローンの場合は、融資希望者から信用力の確認のために決算書の提出してもらいます。決算書をみれば財務状況の確認を行えるからです。融資希望者は審査に通らなければ融資を受けられないので、必要な書類はすべて提出するでしょう。しかし、ファクタリングの場合は信用力を調査しなければならない企業はファクタリング希望者ではなく、ファクタリング希望者の取引先となります。売掛先がファクタリングを行うわけではないので、ファクタリング会社も売掛先に対して決算書の提出を求めることはできませんし、2社間ファクタリングの場合には売掛先とファクタリング会社の直接のやりとりは発生しません。そのため、ファクタリング会社は独自の方法で売掛先の信用を調査しなければなりません。

 

信用調査会社から情報を取得する方法

ファクタリング会社の売掛先の信用力調査の方法は、東京商工リサーチや帝国データバンクのような信用調査会社のデータを収集することです。

これらの信用調査会社は企業の経営状態について定期的に調査を行い、ファクタリング会社のような金融機関に対して、信用調査の情報を提供しています。

ファクタリング会社はこのような信用調査会社のデータを分析して信用力調査を行っています。このほかにもファクタリング会社が個別のノウハウを保有している場合もあり、利用者のデータベースを持っていたり、信用調査会社の他にも情報源を持っていたりします。そのノウハウはファクタリング会社によって様々です。

 

手数料に信用力は影響するのか?

ファクタリング会社の信用調査の結果、売掛先の信用力が劣る場合はファクタリング会社の売掛金回収のリスクが高まるため、その分ファクタリング時の手数料は高くなる傾向があります。一方で、売掛先に十分な信用力があると判断されるとそれだけファクタリング時の手数料は低くなるようです。

このように、売掛先の信用力とファクタリング時の手数料には関係があるとされています。しかし、信用力調査の制度が銀行融資などと比較して、どうしてもおとることがあるので手数料が高くなりがちです。

また、売掛先の企業の信用力が一定以下になるとファクタリング会社は回収が見込めなくなるため、売掛金の買い取りをしない場合もあります。銀行融資に置き換えると、審査に落ちて融資を断られた状態と同じです。

一方で3社間ファクタリングの場合は手数料=売掛先の信用力と考えられますが、2社間ファクタリングの場合は利用者の信用力もファクタリング時の手数料に影響します。2社間ファクタリングの場合は利用者が回収した資金をファクタリング会社に支払いしてくれるかどうかが影響します。よって、そもそもファクタリング利用者が売却した売掛金は本当に存在するのか、売掛先から代金を回収し、ファクタリング会社に支払いをしてくれるかなど、利用者の信用力にまつわるリスクが発生するのです。そのため、2社間ファクタリングは利用者の信用力に対するリスクの分だけ、3社間ファクタリングよりも手数料が高めになります。

手数料はかかりますが、ファクタリングは融資ではないので早急な必要のある資金調達にはとても便利な方法と言えるでしょう。

万が一、売掛金を保有していてもファクタリングの対象にならなかった場合やそもそも売掛金を保有していない事業主の方には「ビジネスローン」もおすすめですので、検討してみてはいかがでしょうか?ビジネスローンはおもにノンバンクといわれる貸金業者が比較的簡易な審査で融資を行ってくれる制度で、無担保・第3者保証人なしで、銀行の融資などに比べれば審査に通りやすく融資を期待できます。早急な資金調達の際にはファクタリングやノンバンクのビジネスローンを並行して考えてみるのもよいと思います。

 

今回はファクタリングの際には売掛先の信用力が重要かについてご説明しました。おそらく多くのファクタリング会社は企業の信用調査会社を利用しているようですが、細かい調査情報はそれぞれのファクタリング会社で独自のノウハウをもっていると考えられます。ファクタリングは利用者と信用調査を行うべき相手先が異なるので、利用者の決算書を提出してもらえば評価できるわけでもなく、信用力調査方法はさまざまです。ただし、どの調査方法にしても基本的には回収リスクの低い相手先が信用力の高い企業とみなされることには変わりません。財務的に不安のある企業より、安定している企業の方が信用力が高くなります。

ファクタリングを検討していてファクタリング手数料を削減したい場合には信用力の高そうな企業の売掛金をファクタリングした方が良いでしょう。