BLOG

近年人気のファクタリングと銀行融資の違いとは?

2019/09/24
ロゴ

近年人気のファクタリングと銀行融資の違いとは?

 

近年、人気かつ注目されている資金調達方法の「ファクタリング」パソコンやスマホでネットサーフィンをしていると広告などで目にすることも増えてきました。

今まで中小企業や個人事業主の主な資金調達方法は「銀行融資」がメインでした。ファクタリングは銀行融資とは全く違うやり方の資金調達方法です。本日は「ファクタリング」と「銀行融資」の違いについてご説明いたします。

 

ファクタリングの重要性について

今まで中小企業や個人事業主が資金を調達する方法として当たり前だったのが「銀行融資」です。しかし、中小企業や個人事業主が銀行融資にのみ資金調達を依存するのは大変危険です。なぜなら、銀行融資は、景気や経済環境で変動し、今まで借入できていたからといって、今後も借入できるかというとそうとも限りません。

銀行を監督する金融庁が、中小企業や個人事業主の倒産を減らせというと、銀行側も融資に積極的になりますが、逆に融資を厳しくというと、突然、融資審査が厳しくなり、審査に通らなくなることも考えられます。それに加えて銀行内部では、各中小企業や個人事業主の「格付」も行っています。

銀行はその格付により、融資の決定をしていますが、融資先の経営状況が悪くなると格付をさげ、一定以上になると突然融資を受けられなくなるということが発生します。それどころか、すでに受けている融資の回収を迫られることもあるのです。そのため、銀行融資にのみ依存し過ぎていては、中小企業も個人事業主も安心して経営することも、長く経営していくことも難しくなり、やがては倒産などということも起きてしまいます。安心して長く経営を続けていくためにも、銀行融資以外の資金調達の手段を確保しておく必要があるのです。

 

ファクタリングの資金調達方法とは?

ぜひみなさんに知ってもらいたいこととして、ファクタリングは経済産業省も推奨している資金調達方法になります。日本の中小企業や個人事業主は他国と比べて、銀行借入への依存が高く、それに代わる資金調達方法を増加させる必要があると考えられています。そんな中小企業や個人事業主の有効な資金調達の1つとして推奨されているのが「ファクタリングによる資金調達」です。(「中小企業における資金調達の課題」という文献に中でも発表されています。)

ファクタリングは資金調達方法の1つですが、大きな特徴として銀行の融資と違い借入や融資ではないということです。ファクタリングは利用者が「保有している売掛債権を売却する」資金調達方法です。

 

ファクタリングと銀行融資の違いについて

[資金調達までにかかる時間]

実際に相談、申し込みをしてから資金調達できるまでにかかる時間としては、断然ファクタリングの方が早くなります。銀行融資で初めて申し込みをした場合は1~2か月、すでに取引があったとしても2~3週間くらいかかることもあり、資金調達までにはしばらく時間を要します。なぜそんなに時間がかかるかというと、銀行から融資を受ける場合には信用保証協会を利用することが多く、そのためそれぞれでの審査が必要になってくるためです。

その点ファクタリングは信用保証協会を経る必要もなく、ファクタリング会社の審査は銀行に比べて大変スピードが早く、ファクタリングを利用される企業の多くは即時融資を希望されるところが多いので、ファクタリング会社も対応に慣れています。ファクタリングは即日の資金調達までのスピードが早いことが特徴です。

[資金調達にかかるコスト]

資金調達をする際に考えなくてはならないことは、資金調達にかかるコストです。実際にかかるコストとしては、銀行融資の方が少ないと考えられます。中小企業や個人事業主が銀行融資を受ける場合、銀行への金利と保証料がかかってきます。だいたい平均的な資金調達のコストとしては3から5%程度になるといわれています。信用保証協会を経る必要がない場合はそのコストはもっと下がり、銀行への金利だけですむので1~2%程度で融資を受けることが可能となるでしょう。しかし、実際には信用保証協会を経ずに資金調達ができる中小企業や個人事業主は少ないとそうです。

それに対してファクタリングでは、売掛債権の取引先の信用力や2社間ファクタリングか3社間ファクタリングかで、手数料の水準が大きく変わります。2社間ファクタリングで5%~3社間ファクタリングでは1%~というのがファクタリングでの資金調達時にかかるコストの最低ラインといえるでしょう。

なお、銀行からの融資でもビジネスローンなどを利用した際には10%前後コストがかかる場合もしばしばあります。

[審査が通過しやすいのは?]

資金調達ができるかできないかの最大のポイントは審査に通過できるかどうかにかかわってきます。

銀行融資とファクタリングを比較した際に審査の違いが重要になります。銀行融資は審査が厳しく、時間をかけて何度も相談しても、提出書類をきちんと提出したとしても、最終的には審査に通らなかったということは少なくありません。特に、融資を受けたことのない銀行に相談する場合には、「赤字」や「債務超過」となっていると審査はさらに厳しくなり融資を受けられないことは多々あります。

それに対してファクタリングでは資金調達できる可能性が高いのが特徴になっています。ファクタリングでは資金調達を考えている企業や個人事業主の損益や財務内容はあまり関係ないのです。売却予定の売掛債権に関する取引先の信用力が重要になります。ですので、取引先の信用力が低いと、調達コストや手数料が高くなることはありますが、全く調達できないということはあまりないのです。そのため、ファクタリングは売掛債権があれば資金調達できる可能性は高いのです。

[リスケや延滞中の資金調達について]

中小企業や個人事業主は、資金繰りが悪化してしまい、銀行の返済リスケ(返済期間の延長)や支払いをやめてしまうことがあります。そういった期間中の資金調達は銀行の場合できません。税金の滞納や民事再生中の法的手続き中ももちろん銀行からの借り入れは難しいです。

それに対して、ファクタリングは資金調達を考えている企業の信用力はあまり関係がなく、リスケ、延滞、税金滞納、民事再生中の法的手続き中でも資金調達が可能です。

つまり、ファクタリングは銀行からの融資を断られた企業の資金調達の方法としてもっとも有効な手段といえます。リスケ、延滞、税金の滞納中なのに資金調達ができるからブラックな資金調達の方法かと思う方もいるかもしれませんが、ファクタリングは違います。資金調達がブラックでも利用できる場合、高利貸しや無免許で行われていることも多いですが、ファクタリングはそういった資金調達方法とはことなり正当な資金調達方法です。ファクタリングは資金の売却であって、融資とは違います。リスケ、延滞中、税金滞納中、民事再生中の法的手続き中でも資金調達が可能であり、このことはファクタリングの大きなメリットといえるでしょう。

[財務内容への影響について]

銀行融資を受けても借入が大きくなると財務内容が悪化し、次第に融資が受けられなくなってきます。銀行融資を受けると借入金が多くなり、決算書に影響します。しかし、ファクタリングは売掛債権が現預金に代わり、現預金で借入金を返済すると企業の借入金を減らすことができます。つまり、ファクタリングを利用することにより、財務内容を良化させることができます。もし次に銀行融資を考えていた場合、財務内容がよくなったことで審査に通りやすくなるのです。

[保証人や連帯保証人は必要か?]

銀行の場合は必ずといっていいほど必要ですが、ファクタリングでは保証人、連帯保証人は必要ありません。ファクタリングでは売却する売掛金が担保の役割にもなっているので、銀行融資で保証人や連帯保証人で苦労している企業にとっては大きな助けになることは間違いありません。

 

ファクタリングと銀行融資の違いについてご説明しました。銀行融資は中小企業や個人事業主にとって重要ですが、銀行融資にのみ依存していると長期的に経営を安定させていくことは難しいです。銀行融資以外の資金調達の方法を確保しておくことが大切であり、その1つの方法としてファクタリングの利用は大変有効な手段になることでしょう。