BLOG

手元資金の確保にはファクタリングが最適!―後編―

2019/11/04
ロゴ

手元資金の確保にはファクタリングが最適!―後編―

前編では、手元資金の確保のメリットなどをお伝えしました。専門家でもどれくらいの手元資金を残しておくべきか意見が分かれるところですが、手元資金の確保には、

資金繰りが悪化した時の備え

設備投資や人件費拡充のため

黒字倒産を防ぐため

以上の3つのメリットがあることがわかりました。

後編では前編の続きとして、手元資金についてもっと詳しくみていきます。

 

手元資金の確保という目的では銀行融資は受けられない

手元資金の確保という目的では、残念ながら、銀行の融資を受けることができません。手元資金は「備え」という意味合いが強く、融資金が売上につながる可能性が低いと銀行側では考えられているからです。また、そもそも銀行の融資の目的としては、「運転資金」と明確に決めているという理由もあるのです。

一方で、日本政策金融公庫や保証協会の場合は、銀行の融資とは「運転資金」の定義が若干異なるので、業績などにもよりますが、融資を受けること可能な場合もあります。仕入代や人件費などの支払い目的でも、資金調達をすることが可能であるため、手元資金が乏しく困った場合には、日本政策金融公庫や保証協会の利用を検討してみることも良いでしょう。

 

手元資金の確保にはファクタリングが有効

資金繰りが苦しい場合、大企業の場合は内部留保(純資産)があるので、大幅なテコ入れなどで乗り切ることが出来るでしょう。しかし、内部資金に乏しい中小企業の場合にはなかなかそうはいかないのが現実です。そこで、手元資金を確保するためにファクタリングの利用をオススメします。ファクタリングは銀行融資に頼らない新しい資金調達方法であり、最近注目を浴びている業界になります。

ファクタリングとは、未払いの売掛債権をファクタリング会社に売却し、資金の調達を行います。借入ではないので、業績や信用情報に左右されることなく、売掛金があればほぼほぼ利用することができます。また、融資ではないので、信用情報にのることもなく資金調達が行えることも魅力の1つです。

ファクタリングにはファクタリング利用希望者とファクタリング会社で取引を行う2社間ファクタリングとファクタリング利用者希望者とファクタリング会社、そして売掛金の取引先とで行う3社間ファクタリングの2種類の方法があります。2社間ファクタリングであれば、即日で資金調達が可能なので、急な支出にも対応することが出来ます。もちろん手元資金の確保という利用用途も可能です。

また、手元資金の確保以外にもファクタリングを利用することで、以下の3つのようなメリットもあります。

 

最短即日で資金調達が可能である。

売掛金の取引先の信用が重要なので、ファクタリング利用希望者の業績はあまり重要ではない。

オフバランス化で財務内容を改善出来る。

 

このようなメリットがあります。銀行に頼らず資金調達ができることは中小企業の方にとってもとても有効な手段だといえるでしょう。

 

本日は手元資金の確保にはファクタリングが最適―後編―をお伝えしました。

黒字倒産を防ぐ、設備投資、人件費の拡充といった観点からも手元資金の確保というのは、経営上とても重要です。特に内部資金の乏しい中小企業は、売掛金が未回収となった場合に備えて手元資金を用意しておかなければなりません。しかし、手元資金を確保することは思っている以上に困難であり、急な資金繰りの際に銀行融資を利用することはほぼ難しいといっても過言ではありません。

しかし、ファクタリングを利用することで、余計な借入を増やすことなく、売掛金があればそれを即日現金化することができます。キャッシュフローが悪化し、支払いが滞ってしまったという場合には、即日資金調達が可能なファクタリングが大変オススメです。