BLOG

今すぐお金を借入したい!労金を利用する方法―前編―

2019/11/06
ロゴ

今すぐお金を借入したい!労金を利用する方法―前編―

労金という言葉をきいたことがありますか?漢字より「ろうきん」とあらわした方がピンとくる方も多いでしょう。聞いたことがあっても実際に利用したことがある方はもしかしたら少ないかもしれません。

本日は意外とみなさんの身近にある「ろうきん」についてお伝えしていきます。

 

労金って銀行とは違うの?

労金とは「労働金庫」の略で、ひらがなで「ろうきん」と表されることが多いです。

「労働金庫法」に基づき、労働組合と生活協同組合(通称生協ともいいます)が運営している金融機関で、働く仲間がお互いに助け合っていくために資金を出し合っています。

口座を作ってお金を貯める、ローンを組む、あるいは資産運用するなど、業務内容は銀行とほぼ同じなのですが、唯一銀行と異なる点は「営利目的ではない」ということです。

労金と銀行の違いは以下のような点が挙げられます。

 

[ろうきん]

・共同組織なので、会員(働く人)自ら平等に運営に参加することが出来る

・営利目的ではなく、利益は会員に還元する

・勤労者を中心に融資が行われる

・働く人の生活の役に立つことを目的としている

・預金者から集めたお金は勤労者へ融資される

 

[銀行]

・株式会社である為、株主しか運営に参加することが出来ない

・利益を上げることを目的としているため、株主のみに還元される

・企業を中心に融資が行われる

・企業の発展を手助けしている

・預金者から集めたお金は企業へ融資される

 

上記を見てもわかるように、労金と銀行のもっとも大きな違いは「営利目的かどうか」と「融資先」になります。労金は働く人の強い味方であることが分かりますね。

では労金を利用するためには組合員にならなければならないのでしょうか?労金は労働組合に加入している方はもちろんですが、勤務先に労働組合がなくても労金の対象地域に住んでいれば利用することが可能です。また、生協を利用している人やパート、アルバイト、未成年でも簡単な手続きで利用することが出来るので、急に借入が必要になった場合にはぜひ問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

労金は全国13の地区に分かれており、全部で627店舗もあるのが魅力です。各地域の労金が人々の生活と密着し、支援を行っているのです。ただし、対象の労金のエリア内に在住または勤務していなければならないので、利用する際には注意してください。

 

ここからが本題!労金でお金を借入する方法!

まとまったお金が急に必要になったことで、困った経験はありませんか?貯金があれば困りませんが、今の世の中、貯金が出来るほど余裕のある家庭はどれくらいあるでしょうか?そんな時にオススメなのが労金の「マイプラン」というカードローンです。

マイプランは、初めに限度額を設定して、その限度内で繰り返しお金を借入出来るシステムのカードローンです。一般的な銀行のカードローンと同じようなシステムです。

労金のマイプランでは、10万円から500万円までの融資が可能となっており、大きなお金が必要になった際にも対応してもらえる便利なカードローンです。しかし、最大500万円と高額な融資額ですが、実際に借入出来る金額は審査により決まります。組合員か一般労働者か、年収や勤務状況などにもより、借入出来る金額は変わります。

 

[ちょっと待って!ローンを利用する時の注意点]

借入先が見つかって安心するのはちょっと早いです。ローンを利用する時に大切なことは「いくら借入出来るか」ではなく「いくらなら返済できるのか」がとても重要です。

毎月の返済額はお給料の3割までが目安とされています。自分が返せる範囲で無理のない借入を心がけましょう。

労金では正しいローンの使い方を無料で相談に乗ってくれます。借入や返済のことで心配になったらぜひ利用してみるのも良いでしょう。

ちなみに「マイプラン」は事業性のある借入や投資目的、負債整理としての利用は出来ません。

 

マイプランがオススメの理由は?

労金の「マイプラン」がオススメの最大の理由は低金利ということです。

一般的な銀行のカードローンの金利は平均で3.5から14.6%となりますが、労金のマイプランは3.875から8.475%と最高金利でも低水準になっています。

金利は所属している会員種別によっても変わってきますので、下記で見ていきましょう。

[団体会員の構成員の金利]

団体会員の構成員とは、労金に出資している会員のことを指しており、本人が直接出資していなくても、勤務先の労働組合が加入していれば大丈夫です。勤務再起の会社や国家公務員、地方公務員の団体に所属している方などが当てはまります。

 

金利:年3.875%から7.075%

 

[生協会員の組合員および同一生計家族の金利]

生協の組合員のことを指します。また、所属している生協が労金に出資しており、生協組合員融資制度を導入していれば、その組合員と生計を共にしている家族も好条件で利用することが可能です。

 

金利:年4.055%から7.255%

 

[上記以外の一般労働者の金利]

一般労働者の考え方としては、利用する労金の対象地域に住んでいる、またはその地域内にある会社で働いている方が当てはまります。その中で構成員と生協会員に該当しない人が一般勤労者の金利で利用することが出来ます。しかし、一般労働者が労金でお金を借りるには「ろうきん友の会(年会費は無料です)」への加入と個人会員として1000円以上の出資が条件になります。

 

金利:年5.275%から8.475%

 

[ここがポイント!]

同じ金額を借入しても金利によって返済額に差が出るため、自分が上記の3つのどれに当てはまるかと理解することが大切です。一般会員と思っていたが、親や妻が生協会員であれば、もっと低い金利で借入することが可能なので、1度確認してみることも良いでしょう。

 

マイプランでは金利を下げることが可能!

マイプランでは以下の条件を満たすことで金利を最大3.2%も下げる事が出来ます。

・給与口座や年金振込口座を労金にする

・労金で財形貯蓄をする

・インターネットバンキングを利用する

・30歳未満の若者の利用

などを含めて全部で10個程度の条件がありますが、これらを満たすことで、団体会員の構成員なら3.875%、生協会員なら4.275%、一般勤労者なら5.275%の金利で借入が可能になりますので、ぜひ利用してみて下さい。

また、もう1つの利点として、ATMからお金を引き出す際の手数料が無料という点です。頻繁にカードローンを利用する方にとっては、とてもありがたりですね。

 

本日は今すぐお金を借入したい!労金を利用する方法―前編―をお送りしました。後編では借入条件や審査についてもっと詳しく見ていきます。