BLOG

今すぐお金を借入したい!労金を利用する方法―後編―

2019/11/07
ロゴ

今すぐお金を借入したい!労金を利用する方法―後編―

前編では労金の仕組みや金利などについてお伝えしました。後編では実際の借入の条件や審査について詳しく見ていきます。

 

労金のカードローンの借入の条件とは?

労金の「マイプラン」でお金を借入出来る条件は以下の通りになります。

・団体会員の構成員、生協組合員、一般の勤労者の方

・申込時の年齢が、満18歳以上で万65歳未満の方

・勤続年数が1年以上で、150万円の安定した収入がある方

・保証期間が定める保証基準を満たしている方

基本的には以上の条件を満たしている方であれば利用は可能です。しかし、利用限度額には個人差があります。

マイプランの最大限度額は500万円ですが、誰でも500万を限度で借入出来るわけではありません。300万円以上の申し込みには、勤続年数が5年以上もしくは前年の年収が500万円以上の会員、生協組合員でなければならいという規定はあり、一般労働者の限度額は100万円までとなっています。

その他に、所属の労働組合によって限度額が変わってきたり、保証期間の審査の結果で上限が決まってくるので、その点では注意が必要です。

 

労金のカードローンの審査って?甘いの?

それでは気になる労金の審査基準や申し込みの流れについて見ていきましょう。

労金のカードローンの「マイプラン」は決して審査が甘いとは言い切れません。前述でお話したようにマイプランの利用には基本的な4つの条件をクリアすることが前提とされています。しかし、労金の審査には職業による制限がないので、4つの条件さえ満たしていれば契約社員やパート、アルバイトでも借入が可能です。また、銀行のカードローンは20歳以上でないと審査に通らないことが多いですが、労金は親権者の同意があれば未成年でも利用することが出来るのです。ただし、アルバイトやパートでも借入は可能ですが、勤続年数1年以上、150万円以上の安定した収入が必要になってくる審査基準が変わらないので注意して下さい。

扶養内のパートや学生アルバイトでは、審査に通過するのは難しいかもしれません。もし、審査条件を満たしていない場合には、楽天銀行のような収入制限なしのカードローンもありますので、そちらを検討してみるのも良いかもしれません。

 

マイプランの申し込みの流れについて

労金のマイプランを申し込むには、ホームページから仮審査を申し込む方法と直接店舗へ行って申し込む方法の2種類があります。自分が申し込みしやすり方法で申し込みしましょう。

 

[インターネット申し込み方法]

労金のホームページにある「マイプラン仮審査申込」に必要事項を記入して、送信する

仮審査(結果はメールか電話にて行われる)

審査に通過すれば、契約(店舗への来店が必須になります)

 

[来店で申し込み方法]

送金の窓口で申し込みをする

審査結果の連絡がくる

審査に通過すれば、契約する

 

どちらの方法で申し込みを行うにせよ、マイプランの契約時には必ず来店が必要になります。労金は営利目的で融資を行っていない為、不便な印象があるようです。労金での契約には必ず来店が必要になります。また仮審査に1週間、さらに本審査に1週間ほどかかる為、急ぎで借入したい方には不向きのカードローンと言ってよいでしょう。来店は不必要で借入出来るのは消費者金融だけになってしまうので、今今すぐ借入しなければならない方は消費者金融の来店不要、即日融資に対応してもらえる消費差金融の方が良いでしょう。

 

労金の審査に落ちることってあるの?地域によって商品内容が違う?

審査が決して甘いと言えない労金のマイプランですが、どのような場合に審査に落ちるのでしょうか?もちろん審査に落ちることはあります。おもに大きな理由としては、他の金融機関で借入している金額が多額であったり、今までの返済に遅れがあったなどそういったことがあると審査に落ちることが多いようですね。仮審査の時点でマイナスな事項を隠して申し込みを行ったとしても、本審査で落ちてしまいますので、注意して下さい。

また、労金の「マイプラン」は、商品内容がそれぞれ地域によって少し異なるようです。しかし、どこの労金でも基本的には低金利です。自分の住んでいる地域の労金より、他の地域の方が自分にとって条件が良くても、申し込むことが出来ませんので気を付けましょう。

それぞれの労金にはその地域のオリジナルの商品があるので、あなたに合うプランが見つかるといいですね。

 

本日は今すぐお金を借入したい!労金を利用する方法―後編―をお伝えしました。労金の商品「マイプラン」は審査には時間がかかってしまいますが、低金利で借入が出来ることが最大のメリットになります。勤務先が労金の組合に所属していればより金利が優遇されるので、お金が必要になる時期をあらかじめ把握していれば、労金のマイプランは銀行よりも低金利で借入出来るので、オススメ出来る商品です。

労金でのローン相談は無料ですので、時間に余裕がある方や気になることがある方はぜひ窓口に足を運んでみるのも良いのではないでしょうか?