BLOG

家賃を現金化できるファクタリングとは??

2019/11/27
ロゴ

家賃を現金化できるファクタリングとは??

 

 

ファクタリングサービスは、一般的に企業間取引における売掛債権を売買するものです。

 

しかし、ファクタリング会社が買い取ってくれるのは、売掛債権だけではありません。会社によって、不動産の家賃収入を買い取るサービスを提供しているところもあります。

 

不動産業界では、急な資金調達が必要になる場面も少なくありません。そうした時に、短期間で審査が下りるファクタリングサービスは便利です。今回は、不動産業界におけるファクタリングサービスの内容について詳しくお話ししていきたいと思います。

 

 

*家賃収入を売掛債権にするファクタリングとは??

 

不動産業界では、所有する物件の居住者から受け取る家賃収入などが主な収益となります。

 

定期的に入る収入である不動産収入は、ファクタリングサービスを利用することで早期に現金化することも可能です。毎月の家賃収入が安定していれば、手数料なども低めに抑えられる場合もあります。

 

ファクタリングを利用する場合は、家賃収入が安定している証明として、家賃を受け取るための口座の通帳を用意するなどといった準備をしておくと良いでしょう。

 

 

*不動産業界にファクタリングが必要な理由とは??

 

不動産業界でファクタリングが求められる理由として、取引額が大きいという点があります。

 

他の業種と比べて、1案件で支払われる額がとても大きいのが不動産取引です。同時に、多数の案件を処理しなければ収益を上げる事はできません。

 

新しく優良な物件を見つけても、手元に資金がなければチャンスを逃してしまいます。家賃収入をファクタリングすることで、将来の収入を早期に現金化すれば、優良物件を手に入れて収益化できる訳です。

 

不動産経営とファクタリングの相性が良いというのもポイントですファクタリングは売掛債権の売買取引サービスのことを指します。ファクタリング会社はさまざまな売掛債権の買取に応じてくれるものの、家賃収入は定期的に入ってくる売掛金であり、売掛債権の信頼性が高いと言えます。

 

ファクタリングは買い取る債権の信用力を重視するサービスであり、その点で不動産経営における利用は適したものなのです。

 

また、不動産経営を始めたばかりの個人オーナーなどをサポートするサービスもあります。不動産経営の経験が浅い利用者に対して、家賃の集金代行・前払いや家賃損失の補償などの包括的なサービスを提供しているファクタリング会社もあるのです。

 

これらのサービスも、不動産業界とファクタリングサービスの相性が良いからこそ実現できることでしょう。

 

 

*不動産業界ならではの審査の特徴

 

家賃をファクタリングする場合、通常の売掛債権とは異なる審査が行われます。

 

売掛債権は会社同士の取引から生まれるものであり、売掛先も会社です。ところが、家賃というのは個人から支払われるものであり、会社と同じように信用力を審査する事はできません。

 

そのため、審査に必要となる書類なども違うので注意しましょう。求められる主な書類は、「土地の公図」「土地や建物の不動産登記簿謄本・評価証明書」「納税証明書」「残高証明書」などです。

 

必要な書類は、取得するために手続きが必要なものもあるため、即日で現金化して早急に資金繰りを改善するといった利用方法は難しいでしょう。

 

 

*ファクタリングを活用するメリット・デメリット

 

不動産経営においてファクタリングを利用するメリットとしては、家賃収入が確実に得られる点が挙げられます。家賃収入の信頼性は、入居者ごとに異なるでしょう。

 

毎月きちんと期日までに支払ってくれる人もいれば、延滞を繰り返したり支払いそのものができなくなったりする人もいます。ファクタリングサービスを利用すれば、将来的に支払われる予定の家賃について、ファクタリング会社が一括で支払ってくれるわけです。

 

もちろん、家賃収入の信頼性などに応じて手数料が高くなることもあるものの、家賃が入ってこないというリスクは回避できます。また、急な資金調達が必要になった場合もファクタリングを利用する利点は大きいでしょう。

 

例えば、所有する不動産の修繕費用や優良物件の新規取得といったケースでは、なるべく早期に資金を用意しなければいけない場面も少なくありません。

 

そうした場合、銀行からの融資ですと時間が掛かりすぎるものです。ファクタリングであれば、資金を用意するまでに融資ほど時間を必要としないため、急な資金調達にも対応できるでしょう。

 

同時に、管理業務も含めて請け負ってくれるファクタリング会社を活用すれば、不動産経営の負担を軽減することが可能です。

 

一方で、不動産収入をファクタリングで現金化する場合、長期的な資金繰りが苦しくなる場合があります。ファクタリングの手数料は、銀行融資よりもかなり高いためです。

 

売掛債権のファクタリングであれば、3社間ファクタリング(利用者・ファクタリング会社・売掛先による話し合いが必要)によって、手数料を抑えることも可能です。

 

しかし、家賃をもとにファクタリングサービスを利用する際には、入居者と話し合いをする事はほとんどありません。入居者を不安にさせることになりますし、人数が多すぎるために手間と時間が掛かります。

 

そのため、不動産収入のファクタリングで現金化すると、どうしても手数料が高くなります。優良な取引であったとしても、10%前後の手数料を支払う必要があります。

 

例えば、1000万円分の家賃をファクタリングで現金化する際、100万円の手数料が発生するといった形です。不動産における資金繰り改善には、かなり大きな額の資金調達が必要になるため、必然的に手数料も高額になります。

 

調達した資金を効果的に活用しなければ、ファクタリングを利用したばかりに、あとから余計に苦しい状況になる可能性もあるわけです。資金を用意するなら、どんなときでもファクタリングが最適というわけではありませんから、利用する際は注意しましょう。

 

 

*不動産業界のファクタリング活用事例

 

不動産業界におけるファクタリングの活用方法はいくつもあります

 

例えば、懇意にしていた会社が売却予定の土地を購入する際、手早く資金調達したいという話があります。売却元としては、すぐにでも土地を処分したいという状況で、他の資金調達手段では間に合わない時にファクタリングを活用するわけです。

 

このケースでは、採算が取れる物件だという確信があったため、ファクタリングの手数料コストも許容できたと言えます。

 

他の例で言えば、急な空室増加に対応したというケースもあります。メディアなどの報道で、マンションへの印象悪化になったという事例です。

 

もともと満室だったマンションということもあり、急激な状況悪化へ対応するなどの戦略のために、一時的な資金調達として利用したと言えるでしょう。調達した資金は、広告費などにあてられ、苦境を乗り切ることに繋がったそうです。

 

また、別の事例では初期費用の重なりをカバーしたという話もあります。不動産経営は、初期投資が高額になりますから、他の出費が重なると一気に資金繰りが悪化する場合があるでしょう

 

一時的な資金難であれば、ファクタリングを活用して乗り切るという方法もあるわけです。また、不動産収入のファクタリングには、家賃の集金代行や滞納への対応といった事務作業も含めてサービス提供してくれるものもあります。

 

個人あるいは中小の不動産業者にとっては、資金繰りの改善と事務負担の軽減を同時に行えるサービスなのです。うまく活用することで、不動産経営に専念できたというケースもあります。

 

 

*先を見据えてサービスを利用しよう!!

 

急に資金調達が必要になった場合、家賃収入によってファクタリングを活用するという方法はメリットの多い選択肢です。

 

ただし、デメリットもあるため、状況に応じて他の手段を考える必要もあるでしょう。ファクタリングは銀行融資と比較すると手数料が高いので、将来的にそのコストをカバーする展望がないと、余計に資金面で苦しくなる場合もあります。

 

ファクタリングサービスを利用する場合は、しっかりと計画を立てた上で判断することが重要なポイントです。