BLOG

掛取引(売掛金・買掛金)とは??

2019/11/29
ロゴ

掛取引(売掛金・買掛金)とは??

 

 

◎掛取引

 

掛取引(掛け売り)とは、商品取引の支払い方法の一つで、商品の引き渡し時に代金支払いを行なわず、決められた支払期日までに支払いを行うことを言います。「代金の後払い」と言い換えることもできます。

 

掛取引は、双方の信用に基づいて行われるため、信用取引とも呼ばれます。ツケ払いやクレジットカード払いなども掛取引であると言えます。

 

企業間(BtoB)での取引は、店舗等での現金払いの買い物や電子マネーの前払いとは異なり、請求書をベースにした口座振り込みによる支払いが一般的です。今回は、掛取引(売掛金・買掛金)に関する基礎知識を説明していきます。

 

 

*掛取引の特徴

 

掛取引をする際は、まず取引先が「支払い能力があるかどうか」を把握する為に信用を評価します。

 

取引先企業に信用がない場合は、代金未回収のリスクが高くなります。代金を回収する事ができないと取引は成り立たなくなる為、掛取引を行う際は必ず信用力を問われる事になります。

 

また掛取引には、受取手形と同様に実際の入金までにタイムラグがあります。そのため、会計上は利益が出ていても現預金がないという状況が生じます。

 

掛取引を行う際は、以下の点に注意する必要があります。

 

・日々の資金繰りに十分注意すること

 

・売掛金の回収を確実に行うために、売掛金元張(得意先元帳)により、得意先や金額、回収状況などを管理すること

 

 

◎掛取引のメリット

 

企業間の取引は、一日に何度も行われる事も多いため、その度に現金で支払うのは非効率です。また、現金の管理などの事務コストが掛かる事もネックになります。ビジネスシーンでは、掛取引を利用する事でこれらのデメリットを解消する事が可能になります。

 

 

*一括支払いで効率化

 

掛取引のメリットは、仕入先(ヴェンダー)と購買者(バイヤー)の双方が請求と支払いの手間を省ける事です。一定期間の取引を一括の支払いでまとめる事で、効率化を図る事ができます。

 

例えば、当月見締め、翌月未払いなどの条件で、後日、取引で生じた代金をまとめて受け取る事ができます。

 

 

◎掛取引のデメリット

 

掛取引のデメリットには、代金未回収リスクと与信管理の手間の2点が挙げられます。

 

 

*代金未回収リスク

 

掛取引は、売り手と買い手の信用によって成り立つ取引です。

 

取引相手によっては、支払期日までに代金が支払われないケースもあります。代金の未回収が発生すれば、売り手側にとっては大きな損失を被る事になります。

 

最悪の場合、連鎖倒産に繋がるリスクもあるため、代金の未回収・不払いは軽視する事はできません。

 

 

★連鎖倒産とは

取引先や親会社の倒産などによって売掛金などが回収できなくなり、それが原因で経営が行き詰まり連鎖的に倒産すること。

 

 

 

*与信管理の手間

 

掛取引では、代金未回収という不確実性(リスク)に伴い、取引先の与信管理を行う必要性が生じます。

 

 

★与信管理とは

取引先からの焦げ付きや貸し倒れなどの回収リスクを小さくすることを目的に行われる与信調査のこと。与信調査は、取引先の情報を収集して様々な角度から分析を行い、信用を判断した上で取引の可否を決める事になる。

取引先の焦げ付きによって、自社の経営破綻に影響する場合があるため、自社を守るという観点からも重要な意味を持つ。

 

 

与信管理を行うことは、企業にとって代金未回収リスクを減らす意味で重要になります。与信における審査基準は、企業ごとに設けることができますが、あまり厳しく設定すると取引をする機会を失うことになる為、バランスを考慮する必要があります。

 

 

◎売掛金と買掛金

 

掛取引では、売掛金、買掛金という用語を用いるケースが一般的です。

 

 

*売掛金

 

売掛金とは、掛取引で販売した分の売上金額を示す、債権を対象とする勘定科目です。

 

債権とは、財産に関して、ある者が相手方に対してある行為を請求しうる権利のことを言います。掛取引の場合は、自社が他社に対して売掛金の支払いを要求する権利を意味します。

 

ファクタリングサービスは、この売掛金を売却することで資金調達を可能にします。

 

 

*買掛金

 

買掛金とは、代金を後払いで仕入れた場合の未払いとなっている債務を対象とする勘定科目を指します。

 

債務とは、財産に関して、ある者が他の相手方に対してある行為を履行しなければならない義務のことを言います。掛取引の場合は、他社に対してある行為を行わなければならない義務を意味します。

 

個人の場合は、キャッシングやカードローンなどの借り入れ、企業の場合は、金融機関からの融資がこれにあたります。

 

 

◎掛取引と受取手形の違い

 

掛取引と受取手形は、どちらも信用に基づく取引で獲得する債権です。

 

売掛債権と言った場合は、売掛金と受取手形の両方を含みます。

 

 

★売掛債権とは

企業が商品やサービスを販売することによって得た対価で、販売後、一定日後に支払われることを約束した金銭債権のこと。売掛金と受取手形などがこれにあたる。

 

 

*受取手形とは

 

受取手形とは、複式簿記の仕訳や財務諸表などに用いる勘定科目の一つです。

 

通常、取引先との掛取引に基づいて発生した手形債権のことを指します。売上代金もしくは売掛金の回収として他人が支払人である手形を受入れた場合は、全て受取手形となります。

 

売上債権のうち、手形を保有している場合には受取手形、そうでない場合には売掛金として区別されます。

 

 

◎まとめ

 

ビジネスシーンにおいては、掛取引による決済形態はポピュラーなものとして利用されています

 

掛取引により、コストを掛けず効率化を図ることができますが、その反面、取引先の与信管理を徹底する必要性が生じます。掛取引は、売上と仕入時期にタイムラグがあり、代金支払いまでに一定の期間を要します。

 

しかし、ファクタリングを利用すれば、支払期日よりも前に売掛金売却代金を受け取る事ができる為、迅速に事業資金を調達することができます。

 

また、ファクタリングは、債権のオフバランス化により財務のスリム化を図ることができる為、効率的な企業運営が可能になります。