BLOG

ネット副業を含めて合法的に稼ぐ方法【前編】

2020/03/03
ロゴ

ネット副業を含めて合法的に稼ぐ方法【前編】

 

 

 

今回はネット副業で稼ぐ方法ということで【前編】と【後編】に分けてご紹介していきます。

 

 

世の中現金が全てではありませんが、生活して生きていくためには何かと現金が必要になるのは事実です

 

返済や支払いなど、ある程度の猶予があるものは問題なくても「今すぐ現金が必要!」という状況に陥ると金策がとても大変です。もっと現金があれば欲しい物を遠慮なく購入したり、やりたいことを思う存分楽しむことも可能となり、自身の生活レベルを豊かなものにすることができるでしょう。

 

今回の記事では、そんな方たちに向けて合法的に現金を手に入れられる方法を厳選してお伝えしていきたいと思います。少しでも興味を惹かれたのであれば、是非ともチェックしてみて下さい。

 

 

チェックマーク合法的に現金を手に入れる方法

 

ひと口に「合法的に現金を手に入れる方法」と言っても多くの手段がありますので、ここでは取り組みやすい順番に「初級編」「中級編」「上級編」、そして特別編とも言える「エクストラ」に分類して紹介します。

 

 

◎合法的に現金を手に入れる方法「初級編」

 

 

・不用品を売る

 

簡単に今すぐ現金を作りたい方におススメの方法が、不用品を売却し現金を得る方法です。

 

少し家の中を整理すれば使わない物や要らない物は必ず出てきます。本やCDならブックオフや個人経営の古本屋、ブランドものや服飾類はリサイクルショップや質屋などに持ち込むと思わぬ高値が付くことがあります。

 

人気な物、ブランド物ほど高く売れる傾向がありますので、自身の現状に合わせて必要な分を売却するようにしましょう。ただし、ネットを使った個人の不用品取引が台頭する現在は、実店舗のチェーン店などは売上が伸び悩んでいます。

 

かつて古本やCDの売買で一時代を築いたブックオフが赤字となったニュースも記憶に新しいところです。手早く買い取ってもらえるのがメリットではありますが、実際に持ち込んで価格に納得できない時は他店、またはインターネットオークションやフリマアプリなどを検討した方が無難かもしれません。

 

また、古本屋やリサイクルショップに限らず、実店舗に足を運ばずに品物を売却できる「宅配買い取り」サービスが人気ですが、最近では品物の写真を撮るだけですぐに現金が手に入る「CASH」というアプリも登場しています。

 

今後も即現金化アプリ・システムは増加していくでしょうから、不用品の売却で現金を得る方法はますます便利になっていくでしょう。

 

 

・質屋で現金を借りる

 

どうしても売る物が見つからない場合や、持ち物を売却したくない場合は質屋を利用するのも1つの手段です

 

基本的に質屋は月利で9%が上限となっていますが、これはクレジットカードやカードローンと比較すると非常に高い金利です。しかし、1ヶ月程度の短期間を想定すれば負担は少ないのではないでしょうか。

 

地域の質屋を利用するのも良いでしょうが、現在では高山質店をはじめこれまでのイメージを覆すようなサービスを持つ質屋が全国展開しています。トラブルを避けるためにも、なるべく名の通った質屋の利用をオススメします。

 

 

・転売

 

数に限りのある限定品や新作をいち早く購入し、ネット上で売ることで多額の利益を得ることも可能なのが転売です

 

近年では、個人だけではなく業者などが人海戦術を駆使して、大々的に参入してきたことで主にネット上では批判の対象となっています。転売屋とも揶揄される営利目的の行為で本来欲しかった人が購入できない状況であることから当然と言えば当然でしょう。

 

しかし転売は「発売場所が遠くて購入できない」や「時間が無くて買いに行けない」といった方のための「買い物代行」のような活動も含まれます。

 

モラルを守り買い占めなどを避け、他の購入者の迷惑にならない範囲で小規模に行えば問題は無いのではないでしょうか。売れるものが見つからなければ難しく感じる転売ですが、「新発売」「流行りもの」の2点を意識し、抑えれば自ずと売れる商品が見えてくるのではないでしょうか。

 

ヤフオクの実績を見ると、電子タバコの「IQOS」や任天堂の「クラシックミニ」、ブラウザゲームのローソン限定のタイアップ商品などが定価よりも高値で取引されていました。

 

他にも、ポテトチップスが生産を中止するニュースが流れたことから、高値で取引されたケースもあります。そういった情報を逃さずに、早めに仕入れを行えれば高額を手にすることも可能です。

 

 

・せどり

 

主に新商品を扱う転売とは違い、主に中古品やバーゲン品を扱うのが瀬取りです。

 

扱うジャンルは本やCDをはじめ、電化製品やフィギアなど多岐にわたります。転売同様ヤフオクなどのネットオークションサイトで販売します。かつては非常に目利きが必要な玄人向けの方法でしたが、バーコードを読み取るだけで価格差を表示するガジェットが一般的に販売され全くの素人でも簡単にせどりに参入できるようになりました。

 

驚くべきことに現在ではスマートフォンでも価格差を表示するアプリが登場しています。せどり人口が爆発的に増加し数年前よりも稼ぎにくい環境ですが、オークションサイトなどを利用して確実に利益を上げている方はまだまだ存在しています。

 

家電量販店やリサイクルショップ、CDショップなどでもせどりを行えますが、どちらかと言えば都市部よりもせどり人口の少ない田舎の方がせどりを行いやすいでしょう。

 

都市部以外にお住まいでリサーチ力に自身がある方は、是非とも挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

・ポイントサイトを利用する

 

有名なもので言えば「げん玉」や「モッピー」などのポイントサイトの利用で現金を手に入れる方法です。

 

様々なポイントサイトが存在しますが、どのサイトも一度ポイントを貯め現金に交換するという手法をとっています。アンケートやゲームのダウンロードなどはポイントが少なく、逆にカードローンの申し込み、会員登録などは高額になる傾向があるようです。

 

数多く存在するポイントサイトですが、現在は多くのサイトがスマートフォンに対応しているので、空き時間にゲーム感覚でコツコツと稼ぐことができるのではないでしょうか。

 

一気に高額を稼ぐことも可能ですが、ポイントが高めの申し込みや資料請求などはその後の対応も必要となるので注意が必要です。

 

 

・キャッシュバックやキャンペーンを利用する

 

携帯電話のMNP(マイナンバーポータビリティ)を利用し、何度も乗り換えを行い大金を稼ぐ手法が話題となりました。

 

現在ではキャッシュバック規制が行われたことで鎮静化しましたが携帯電話以外でもキャッシュバックを行うサービスは存在します。中でも、多額のキャッシュバックを受けられるFX口座開設が注目されています。

 

口座を開設し入金の必要があり、ある程度資金が必要ですが、複数回解説すれば入金や初回取引額以上の金額を手にすることができます。どのような方法をであれ、早めにキャンペーンに参加した方が良いのは間違いありません。

 

キャッシュバックやキャンペーンなどの情報に、常にアンテナを張っておいた方が良いでしょう。

 

 

・単発バイトをする

 

自身の都合に合わせて参加できる単発のアルバイトは利便性が高いのではないでしょうか。

 

主に派遣会社が募集を行い、一度登録すれば参加可能なアルバイト情報を逐一連絡してくれます。大学生やフリーターが従事するイメージですが、日雇い派遣の法改正が行われたことで副業として利用する方も増えています。

 

副業の場合「年収500万円以上」「主たる生計者ではない」などの細かな条件がありますので、不明点は登録したい派遣会社に確認すると良いでしょう。

 

当日中に給料がもらえる「即給」、「翌日振込み」など当日中に給料を受け取ることができるサービスを行っている会社も多くありますので、なるべく早く現金を手に入れるために応募前に事前に調べるようにしましょう。

 

 

・カードローンに申し込む

 

定職にも就き、安定した収入がある場合はカードローンの利用も可能です。

 

三井住友、UFJや楽天銀行などの銀行系カードローン、アイフルやプロミスなど金融業者のカードローンなど各社多様性を打ち出した幅広いカードローンが存在します。

 

高額借入のイメージがありますが、5~10万円から借入可能なものもあるので、自身に合ったカードローンが見つかるはずです。多くの業者が即日融資可能であるばかりではなく、数百万の高額融資額を設定しており融資限度額で契約できれば、住居や教育、レジャーや自動車などの高額な買い物にも活用できます。

 

 

・クレジットカードでキャッシング

 

所有するクレジットカードにキャッシング機能が付随する場合は、キャッシングを利用できます。

 

キャッシングは自身の銀行口座から出金できるのはもちろんのことコンビニのATMから引き出して簡単に現金を作ることが可能です。ただし、これからクレジットカード申し込みを行う場合、キャッシングが行えるまで時間がかかりますので、申し込み時にキャッシング機能を付けている方限定の方法だと言えます。

 

また、カードローンにも言えることですが、リボ払いを選ぶと返済が長期化することになり兼ねません。利便性が高く余分に使いそうになりますが、利用は必要最小限に留めるべきでしょう。

 

 

◎合理的に現金を手に入れる方法【中級編】

 

 

・治験に参加する

 

治験に怪しいイメージを持つ方も少なくないでしょう。

 

治験は発売前の薬を国に許可してもらうため、被験者を集め有用性を確認する試験です。製薬会社が治験を募集する医療機関に委託し、募集が行われます。

 

大々的な募集は行われないので怪しいイメージを持ってしまいがちではありますが、全国各地の医療機関で常時募集を行っています。被験者に投与される薬剤などは動物実験をクリアし、更に何度も調整を重ねほぼ完全に安全性が確保されたものとなっています。

 

治験スケジュールは1週間以内から1ヶ月が中心ですが、待機日や予後検査を含めると2~3ヶ月、長いと1年程かかる長期のものもあります。最初の事前検査時点でも「交通費」という名目で平均1,000円~3,000円ほどの現金が手に入り日給換算すると1日で1万円前後となるものが多く人気も高いのですが、参加するためには年齢や体重、血液検査や尿検査などの厳しい検査を突破する必要があります。

 

試験当日の検査で不合格となってしまっても3,000円~1万円ほどの謝礼金が渡されます。健康に自信があり、時間的余裕がある方なら参加することも可能です。

 

募集は比較的大都市に集中していますが、まずは自身の居住地の医療機関で治験を募集していないか探してみましょう。

 

 

・給付金や補助金をもらう

 

自治体や国などに申請し、補助金や給付金を受けられる場合があります。

 

定額給付金や福祉給付金など、国や自治体から給付される現金には様々なものが存在します。現在失業中の方はハローワークで失業給付を申請できますし、介護休業給付や職業訓練受講手当など、特に経済状況が悪い方に向けての給付金は意外と充実しています。

 

また、高齢化や過疎化が進む地域では移住するだけで給付金が受け取れる制度も増えていますが、こちらも全て申請しなければ基本的には給付されません。

 

もし、あまり知らなければ損をする一方ですので、国は自治体のホームページを調べ、逐一情報を確認したいものです。

 

 

・クラウドソーシングサイトを利用する

 

クラウドソーシングはネット上で仕事の発注及び受注を行うシステムで、仕事の内容は単純なアンケートや社名などの考案、文章作成やイラスト作成などと諸々存在します。

 

完全に在宅で仕事が可能であり、主婦や学生も利用可能です。仕事の少ない地域ではクラウドソーシングの取り組みが積極的なようです。クラウドワークスやランサーズなどの大手をはじめ、クラウドソーシングサイトを利用して現金を稼ぐことも可能です。

 

ライティングや動画作成、デザインやプログラミングなど幅広く募集を行っており、自身のスキル合わせて仕事が選べます。数分程度完了する仕事は低単価ですが、専門性の高い業務や大規模なものであれば、1~2週間程度につき5~10万円相当の収入が得られる可能性があり、実際に学生や主婦業の傍らクラウドソーシングサイトで月に10万円以上を稼ぎ出すケースも少なくありません。

 

仕事の量に対し報酬が発生するので、黙々と作業できる方には向いていると思います。作業報酬を受け取ってからクラウドソーシングサイトから出金されるまで最低でも2週間から1ヶ月程度は必要です。焦らずじっくりと取り組むべきでしょう。

 

いかがでしたか?

 

次回は【後編】をお送りします。