BLOG

 短期プライムレートとは??ファクタリングを利用する前に知っておく

2020/03/05
ロゴ

 短期プライムレートとは??ファクタリングを利用する前に知っておく

 

 

 

事業者が資金調達をする手段として、銀行融資のほかに「ファクタリング」を活用するという方法があります。

 

ファクタリングの利用方法を理解することで、資金調達におけるコストやリスクを抑えることが可能になるケースもあるでしょう。今回は、ファクタリングによって事業資金を確保する仕組みと銀行融資の金利の決定方法について解説します。

 

ファクタリングと銀行融資は、どちらも資金調達の方法ですが、それぞれの特徴を理解した上で選択することが大切です。

 

 

チェックマークファクタリングの仕組みについて知っておきたい

 

一般的にファクタリングと呼ばれている資金調達手段は、売掛債権の売却によって行われるものを指します。

 

事業者間で取引が行われる際、提供した商品・サービスの代金がすぐに支払われるとは限りません。一定期間後に支払われる予定がある代金が「売掛金」であり、この支払いを求める権利を「売掛債権」といいます。

 

ファクタリングとは、売掛債権を売却することで早期に現金化する仕組みです。本来、売掛債権は支払期日が決まっているものであり、清算が行われるまでは売掛金を資金として活用することができません。

 

そこで、売掛債権を売却するファクタリングを利用する意味が生まれます。売掛金の入金が2~3ヶ月先であっても、売掛債権を売却すればすぐに事業資金を調達できるわけです。ファクタリングの活用方法を理解すれば、事業運営に欠かせない資金調達に新しい選択肢を与えてくれるでしょう。

 

 

チェックマーク2種類ある!銀行の融資の金利についてご紹介

 

ファクタリング以外で、企業がよく活用する資金調達手段といえば銀行融資があるでしょう。銀行融資を受ける場合、借り入れた資金に対して利子が発生します。銀行融資にかかる利子は、銀行が設定する金利によって変化するものです。

 

そのため、銀行融資を受ける場合には、融資金利について注目しておく必要があります。銀行の融資金利には大別して2つの種類があり、それぞれ「変動金利」「固定金利」と呼ばれているものです。

 

変動金利とは、一定期間ごとに見直される金利であり、融資資金にかけられる金利が変化します。金利の変動は、その時点での景気や金融市場の動向などが影響するため、正確に予測するのは難しいでしょう。

 

融資を受けた時点より、有利な金利になる場合もありますが、逆に厳しい金利に変わってしまう場合もあるため、変動金利で借入をする際には注意が必要です。

 

その一方で、固定金利は融資を受けた時点で決められた金利が将来にわたって続いていくものです。変動金利の場合、金利の変化よって金利負担が大きくなる可能性がありますが、固定金利にはそうしたリスクがありません。

 

銀行の融資金利が変動するのは、政策金利の変更などのリスクを回避するためです。政策金利が上昇した場合、銀行は資金調達の費用が大きくなります。費用が上昇しているにも関わらず、貸し出した資金の利子を変えないままにすれば、利益を損なうことになるでしょう。

 

それを避けるため、融資金利を変動させることで利益を確保しようとするわけです。そして、固定金利による融資は政府系金融機関や地方公共団体の制度融資など、リスクをある程度の範囲で無視できる公的機関で採用されることが多いようです。

 

固定金利と変動金利のどちらを重視するかによって、借入先を選択する幅も違ってくるので注意しておきましょう。

 

 

チェックマーク融資の金利の決め方!短期プライムレートについて

 

銀行融資において、優良企業向けに1年以内の期間で貸し出しを行う際に適用される最優遇貸出金利を「短期プライムレート」といいます。

 

「短プラ」とも呼ばれ、中小企業向けに銀行が融資を行う場合、金利はこの短期プライムレートを基準にして決定されます。短期プライムレートは、画一的な基準があるわけではなく、銀行ごとに異なる金利が設定されます。

 

短期プライムレートを基準として、融資先企業の「貸し倒れリスク」に合わせた金利を加えて、最終的な融資金利を決めるわけです。貸し倒れリスクは、企業の財務状況や保有資産などを考慮した上で「融資を返済できない可能性」を銀行が審査するものです。

 

融資した資金が回収できなくなる可能性が低ければ金利も低くなりますが、貸し倒れになる可能性が高いと判断されれば金利も高くなります。

 

 

チェックマークスプレッド貸と呼ばれる金利の決め方もある

 

短期プライムレートだけが、銀行が融資金利を決定する基準ではありません。

 

「スプレッド貸し」と呼ばれる融資方法では、「東京銀行間取引金利(TIBOR)」を基準として融資金利が決められています。東京銀行間取引金利とは、銀行が資金不足になった場合、ほかの銀行から資金を融通してもらう際の金利です。

 

つまり、銀行にとっては資金調達時の金利になるわけです。スプレッド貸しでは、この東京銀行間取引金利と銀行の利ザヤ(スプレッド)を考慮した上で金利が決定します。

 

短期プライムレートを基準とした融資とスプレッド貸しの金利は異なり、スプレッド貸しのほうが低い金利になることが多いと言われています。そのため、借り手側としてはスプレッド貸しを希望したいところですが、どちらの金利で融資するかは銀行が決めるため自由選択できるわけではありません。

 

一般に、スプレッド貸しは大手企業のみが利用でき、中小企業には短期プライムレートに金利が連動する融資で貸し出される仕組みになっています。ただし、財務体質が健全な優良企業として認められれば中小企業でもスプレッド貸しによる低金利で融資を受けられる場合もあります。

 

 

チェックマークファクタリングの金利の決め方はさまざま

 

銀行融資の仕組みに比べて、ファクタリングによる手数料などの決め方にはさまざまな方法があります。

 

ファクタリングは、銀行融資と比べて法的な規制も少ないため、各社が自由にサービスの内容を決めているからです。しかし、それは必ずしも銀行融資よりも有利なものばかりとは限りません。

 

銀行融資やファクタリングなど、資金調達の選択肢の中から自社に合うものを選ぶことが大切です。そのためにも、自社の経営状況や資金繰り、今後の業績の見通しなどを適切に判断することを意識してみましょう。

 

必要に応じて、税理士などの外部の専門家の意見も交えることで、自社が抱える経営上の課題を早期に発見することにもつながります。最初から一つの資金調達方法だけに頼ってしまうのではなく、経営環境の変化に合わせて柔軟に対応できるように、複数の資金調達方法を検討しておきましょう。