FACTORINGファクタリング

七福神のファクタリングなら即日審査での資金調達が可能です

即日審査での資金調達が可能なファクタリングとは

ファクタリングとは、企業が持つ売掛金(売掛債権)をファクタリング(売掛金買取)会社へ手数料を支払って売却することによって、取引先の決済日より前に資金調達できる資金調達手段の一つです。
ファクタリングを利用することで申し込み企業は売掛金の売却代金を受け取ることができ、つなぎ資金を確保できるサービスになっております。そのため、ファクタリングは入金と支払いのタイムラグを埋めるためのサービスと言っても過言ではありません。

ファクタリングという言葉はここ数年で急激に広まったのですが、「売掛金の早期化」「売掛金前払いサービス」「売掛金買取」など他にも呼び方が色々とあります。
しかし、呼び方が違っても「売掛金をファクタリング(売掛金買取)会社に買取ってもらい、現金化するサービス」ということに変わりありません。

電卓を使う女性

ファクタリングと貸金業の違い

ファクタリングと貸金業の違いは、「担保設定」や「保証人」を要するか、「償還請求権」の有無によって異なります。

担保や保証人はとらず、償還請求権がないのがファクタリング(売掛債権売買)です。
担保や保証人をとり、
償還請求権があるのが貸金業(売掛債権担保融資)です。
売掛債権担保融資では御社の抱えている売掛債権を譲渡するのではなく、あくまで担保として、融資します。
元々資金繰りで厳しい中で、ファクタリングにて未入金の売掛金を早期資金化が出来て、キャッシュフローの改善に繋がるのですが、売掛先様が倒産してしまったりして回収が不能となってしまうと、逆にその分を支払わなければならなくなります。その支払いを遅れてしまったりすると、情報機関に情報が反映されてしまい、余計に悪循環に陥ります。

弊社は貸金業ではなく、ファクタリング業であり、償還請求権がないため、買取した債権が回収困難な状況においてもお客様に保証を求めません。さらに、ファクタリング契約とは債権譲渡契約であり、買い戻し特約を付したり担保設定をするなどの特約も一切ありません。そのため、売掛先様の不払いリスクを全て弊社が負う形になります。(※消費者貸借契約ではないことは、金融庁に確済みであり、弊社のファクタリング契約は貸金業法上の規制を受けるものでもありません)

 

商談成立

金銭消費貸借に代わる資金調達方法であり、経済産業省中小企業庁も推奨しています。

売掛金を活用したファクタリングは真当な資金調達法である

経済産業省が発表した「中小企業における資金調達の課題」というレポートでは、日本国のファクタリング利用率は米国に比べても圧倒的に低く、売掛金に代表される流動資産による資金調達を活性化していく必要があり、この課題に早急に取り組まなければならない。と明言しています。

詳しくはこちら↓

http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/urikake_panhu2.htm

女性t上司

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリットは、主に次の3つです。

その1.とにかく簡単!

ファクタリング(売掛金買取)会社の審査は貸金業者とはちがいます。

個人情報や決算書の資産状況などで判断することはありません。

あくまでも売掛金(売掛債権)を買取るため、取引先が必ず支払いをしてくれる会社かどうかの部分になりますので、お急ぎの方は資料さえご準備いただければ、翌日、もしくは即日審査の結果が分かります。

その2.資金繰りがよくなる上に、担保が不要!

2つ目は、キャッシュフローの正常化です。

売掛金を売却することで必要な資金を調達できるので、急な出費や支払金の不足に対応できます。銀行からお金を借りる場合は担保が必要なこともありますが、ファクタリングの場合は融資とは異なるので担保を用意する必要がありません。

その3.貸借対照表がスリム化されるから、金融機関の信用もアップ!

貸借対照表のスリム化が実現します。

償還請求権なしの債権譲渡を行うファクタリング会社を選べば、万一売掛先が倒産などで売掛金が回収できなくなった場合でも、お客様が負担する必要はなく、貸借対照表でも負債にならないというメリットがあります。

 

 

高層ビル

ファクタリングのデメリット

ファクタリングのデメリットの1つは手数料が高いという点です。手数料は2社間と3社間でも異なり、2社間なら買取売掛金額の10%~30%、3社間なら1%~5%です。また、ファクタリングは売掛金が無いと資金調達ができないので、月商以上となる資金調達はできないというデメリットもあります。3社間のファクタリングの場合は、ファクタリング会社と資金調達を希望している利用会社(お客様)、売掛先である取引先で取引をするので、取引先会社の承諾が求められます。

取引先が同意すれば問題ないですが、難色を示すこともあります。また、利用会社も取引先から資金繰りが苦しい会社とみなされ、今後の取引にマイナス影響が出る点もデメリットです。取引先には通知せず、2社間で取引もできますが、この方法だと手数料がさらに高くなります。

2社間の場合は、弊社が利用会社から債権(売掛金)を買取り、期日には利用会社に取引先が入金をします。入金された利用会社は、取引先を代行して売掛債権の入金額を弊社に入金します。

ファクタリングサービスを利用した事実が取引先に知られないということで利用会社にはメリットがあるのですが、利用会社が倒産したり、入金されたお金をファクタリング会社に入金せず使い込んでしまった場合は、ファクタリング会社が損失を被ることになります。

そのためリスクが多い分、手数料が高くなってしまうのです。

ネクタイを住める男性

ファクタリングによる資金調達に適した企業

ファクタリングによる資金調達に適しているのは、銀行などの金融機関からの融資が受けられなかった企業です。

次に、売掛金の支払いサイトが長い取引先が多い企業も、ファクタリングを利用するメリットが大きいので適しています。

翌月払いなど比較的短期間の取引先が多い場合は資金繰りが楽ですが、手形決済などで支払いサイトが長い場合は、売り上げ上は黒字でも実際には手元に現金がないといった事態に陥ることがあります。

黒字倒産を回避するためにも、ファクタリングの活用は有効です。